PR

 大阪府北部で発生した地震で、大手クラウドサービスAmazon Web Services(AWS)とMicrosoft Azureの関西にあるリージョン(広域データセンター群)はどちらも正常稼働を続けている模様だ。2018年6月18日朝に地震が発生したあとの状況は次の通り。

 AWS 大阪ローカルリージョンは、アマゾン ウェブ サービス ジャパンの広報によると、同日午前9時36分時点で全サービスが正常稼働しているという。

 Microsoft Azure 西日本リージョンについては、米Microsoftの公式サイト「Azureの状態」では、同日午前11時20分時点で全サービスが正常稼働のステイタスになっている。