全2070文字

 筆者もヒゲさんの訪問を受け、質問攻撃に遭いました。「どうやったら売れる動画が作れる?」「動画編集ソフトで一番使いやすいのは何?」など矢継ぎ早に聞かれます。筆者は講師業の一環で講義動画を制作してはいますが、その道のプロではないので自信を持って答えられません。

 しかしヒゲさんの熱心さを見ていると、「適当なアドバイスをして先輩を路頭に迷わせてはいけない」と思えてきます。知り合いのプロに確認し、主な動画編集ソフトとそれぞれのメリット・デメリットをヒゲさんに伝えました。

アドバイスを受け止めて実践する

 その数カ月後、ヒゲさんから「講師デビューできる程度にソフトをマスターした」と連絡がありました。ヒゲさんに伝えた3種類のソフトを自分で使い倒し、どれもほぼ完璧に使いこなせるようになったとのこと。

 これが②の学習実践です。①で恥ずかしげもなく受けたアドバイスを、言われた通りに実践したのです。

 動画編集を習得しただけでなく、3種類のソフトを完璧にマスターしたというのは大したものです。まるで10年以上ソフトを扱ってきたかのような口ぶりで各ソフトの特性を論評する様子には驚かされました。

 さらにヒゲさんの快進撃は続きます。③場所不問、つまり場所にこだわらず職を探した結果、講師として仕事を得ることに成功したのです。

 筆者もヒゲさんを支援したいと思い、講師として働ける場を幾つか教えました。カルチャースクールや大学の社会人向け講座、スキルマッチングサイトなどです。それほど高額な講師料は望めないので、講師経験の長い人はプライドが邪魔して敬遠してしまうケースもあります。しかし講師実績を積むにはとても良い場で主催者側の支援も手厚く、受講者にも理解がある人が多くいます。

 「天笠、大阪に講師のいい働き口あったわ」。程なく、ヒゲさんからこんな連絡をもらいました。ご家族の都合で今度は大阪に拠点を移すことになったのですが、フットワーク軽く動き回りカルチャースクール講師の職を得たそうです。住む家を決める前に仕事を決めるという迅速さです。

 恥を捨てて素直に教えを請い、真面目に実践する。そして場所を選ばずに仕事を探す。この3つの行動の重要さを、ヒゲさんの話を聞きながら改めて実感しました。

天笠 淳
アネックス代表取締役/人事コンサルタント
天笠 淳 早稲田大学商学部卒業後、IT企業、金融機関にて人事業務を経験。株式会社アネックス、一般社団法人次世代人材育成機構の代表として、働きやすい職場づくりを主なテーマとし、企業の人事、人材開発のコンサルタントを行っている。次世代人材育成機構では、代表理事として、学生の就職活動へのアドバイスや、社会人のキャリア支援を20年以上手掛けている。著書に『転職エバンジェリストの技術系成功メソッド』『オンライン講座を頼まれた時に読む本』(いずれも日経BP発行)がある。アネックスのWebサイトはhttp://www.annexcorp.com/