全1875文字
PR

 転職サイトなどを眺めていると、「システムエンジニア(PM候補)、年収500万円~1000万円」といった求人をよく見かけます。これまで転職に縁がなかった技術者には、「この500万円の幅は何なのか」と疑問に感じる人もいるでしょう。

 よく耳にするのは、「上限を高めに設定しておくのは、応募者の目を引くため。実際は、どんな人でも500万円スタートに決まっている」という意見。さて、実際はどうなのでしょう。

 確かにそうした企業も存在しますが、それ以外にも、年収の幅が生まれるのには様々な事情があります。今回は、それをいくつか紹介します。

採用側が条件を絞れない

 まず、採用側が条件を絞れないケースです。自社内で新たに必要になった能力を持つ人材を採用しようという際によく起こります。新規事業を立ち上げる、新技術の開発に取り組むといった場合です。

 条件も絞らずに採用しようなんて、どんな企業だろう。そう思われるかもしれませんが、実際はよくあります。自社では過去に例のない求人のため、求める人材像に当てはまるのが他社でどれくらいの待遇で働いている人なのかよく分かりません。このため選考過程で、新しいポジションにふさわしい人材はどんな人か、そうした人を採用するのに必要な条件は何かを絞り込んでいくのです。

 採用側はまず、応募してきた人の所属企業や経験などを整理します。そして面接で、現職での処遇をヒアリングします。その結果、自社が募集しているポジションにどのレベルの応募者が関心を抱いているかが分かります。同時に、妥当な給与レベルもつかめます。

 ではこのとき、求人の公開直後に応募した人たちはどうなるのでしょうか。よくあるのは、応募書類提出から面接まで、または1次面接から2次面接までに1カ月くらいかかるといったパターンです。応募者の顔ぶれを見ながら採用条件を絞り込み、次の選考ステップを設定するため、時間がかかるのです。

 時には、求人に対して応募してきた人のほとんどが想定外のスペックだったということも起こります。そんなときは全員に不採用の連絡をし、求人を練り直す場合もあります。

 採用戦略が最初から失敗だったとも言えますが、採用活動を通じて必要な人材の要件を固められたという見方もできます。ですから、関心がある企業の求人広告が突然なくなった場合も、採用が決まったケースだけでなく、採用条件がガラリと変わって募集が再開されるケースもあるのです。継続的に求人をチェックしてみるとよいでしょう。