全3238文字

英語力はどこまで必要?

 「外資系人材エージェント経由の求人の場合、英語力はどこまで求められるのか」という点が気になる人もいるでしょう。実際、企業も「コミュニケーションを英語で取れる」という前提で面接するので、事前にいちいち英語力を確認されないことが多々あります。

 とはいえ、ここで求める英語力はさまざまです。ビジネスで流ちょうに英語を話す能力を求めるケースもありますが、外国語を話すことにアレルギーがないというレベルや、メールでやり取りができればいいといったレベルもあります。業務で本当に英語が必要であれば、それを試すための英語の面接が必ず用意されていますので、それをクリアできれば問題ないでしょう。

 筆者の感触では、日本で成功している外資系企業ほど、日本国内で事業を動かせる人を求めているため、それほど高い英語力を求めない求人を出しています。

 最後に、IT分野では、外資系人材エージェントからスタートアップ企業を紹介されるケースも多々あります。日本企業一筋で10年以上勤務してきた人にとっては「スタートアップは危険」と思うかもしれませんが、日本では知名度が低くても海外では有名な企業は少なくありません。まずは、紹介されたら一度訪問してみてはいかがでしょうか。

 求められることが違えば、断ればよいだけです。こちらから断らなくても、先方から断られるのが採用選考ですから。

天笠 淳
アネックス代表取締役/人事コンサルタント
天笠 淳 早稲田大学商学部卒業後、IT企業、金融機関にて人事業務を経験。株式会社アネックス、一般社団法人次世代人材育成機構の代表として、働きやすい職場づくりを主なテーマとし、企業の人事、人材開発のコンサルタントを行っている。次世代人材育成機構では、代表理事として、学生の就職活動へのアドバイスや、社会人のキャリア支援を20年以上手掛けている。