全2156文字

30代後半になると、採用側の見る目が変わる

 このように短期離職をした人が次の転職先を探すとき、採用側はどんな印象を持つのでしょうか。もちろん本人や採用担当者によって異なるでしょうが、「20代~30代前半で、1回目の転職後に短期離職。次の転職で出直したいという決意と明確な短期離職理由がある」ような場合、採用側もネガティブな印象は抱かないと思います。

 これが30代後半を超えると変わってきます。転職に当たって業界動向や自分のスキルの市場価値、転職先の企業風土などの分析ができない人、と見られかねません。つまり、現状分析や将来予測が十分にできない社会人だと思われる可能性があります。

 また採用側からすると、いくら離職の理由や自社への志望動機が明確だとしても「入社後に同じことが起こるのでは」と疑念を持ってしまいます。その分、面接通過のハードルが上がります。

 実は筆者自身も10回の転職を繰り返す中で、採用側からこうした疑念を抱かれ、面接でツッコミを受けることがありました。「離職の理由は妥当性があると理解できますが、これだけの転職経験があるならば、入社前にリスクを判断できなかったのですか」と言われたことはまだ覚えています。

 例えば「入社前に提示された採用条件が、入社してみたら違っていた」ケース。そういう理由で1度早期離職するのは理解できるけれど、2度目以降はきちんとチェックしてから入社すべきだろう、ということです。採用側のこうしたツッコミに上手に答えるスキルは、転職活動を通じてずいぶん磨かれました。短期離職後に転職活動をする30代後半以上の方は、事前に準備しておくことをお勧めします。

天笠 淳
アネックス代表取締役/人事コンサルタント
天笠 淳 早稲田大学商学部卒業後、IT企業、金融機関にて人事業務を経験。株式会社アネックス、一般社団法人次世代人材育成機構の代表として、働きやすい職場づくりを主なテーマとし、企業の人事、人材開発のコンサルタントを行っている。次世代人材育成機構では、代表理事として、学生の就職活動へのアドバイスや、社会人のキャリア支援を20年以上手掛けている。著書に『転職エバンジェリストの技術系成功メソッド』『オンライン講座を頼まれた時に読む本』(いずれも日経BP発行)がある。アネックスのWebサイトはhttp://www.annexcorp.com/