全1447文字

 人事担当者は基本的に、「公平性」を原則として従業員に接しています。ですから相手がどんな人だろうが、どんな状況だろうが、早期退職の内容はルールに従って説明するものなのです。

 ですから、「なんで私が?」と人事担当者に怒っても、あまり意味はありません。泣き落としても怒っても、状況はあまり変わらないと考えた方がよいでしょう。

 むしろ、早期退職者の募集を1つのチャンスと捉えて詳しく説明を聞くことをお勧めします。今回応募するかどうかはさておき、遅かれ早かれ退職するときは必ず来ます。今後の自分のために今回の募集をうまく使えないか。その視点で冷静に考えて、応募するかどうかを検討してはどうでしょうか。

同情的に面接が始まる

 実際、早期退職が良い転職につながることもあります。早期退職者募集の実施は、大企業なら報道を通じて広がります。地方の中小企業の場合も、クチコミや商工会議所のネットワークなどを通じてすぐに伝わります。

 その時点で中途採用の求人を出していない企業でも、「あの会社を早期退職する人なら会ってみたい」というケースは少なくありません。結果として、通常の転職よりも話が通りやすいことがあるのです。

 例えば都心部にあるWebシステム開発系の会社の場合。ベンチャーでも有形・無形のネットワークがあるので、「業績不振で早期退職者を募っている」という情報はあっという間に伝わります。

 こうした場合、面接で退職理由を聞かれる前に「今回は大変でしたね」という採用担当者の一言が入ることもあります。同情的な雰囲気で面接が始まるため、通常よりも有利に進む場合があるのです。

 次回は、早期退職者にありがちな失敗について取り上げます。

天笠 淳
アネックス代表取締役/人事コンサルタント
天笠 淳 早稲田大学商学部卒業後、IT企業、金融機関にて人事業務を経験。株式会社アネックス、一般社団法人次世代人材育成機構の代表として、働きやすい職場づくりを主なテーマとし、企業の人事、人材開発のコンサルタントを行っている。次世代人材育成機構では、代表理事として、学生の就職活動へのアドバイスや、社会人のキャリア支援を20年以上手掛けている。