「転職したいけど、年齢的に大丈夫でしょうか」。一定以上の年齢の人から転職の相談を受けるとき、必ずといってよいほど聞くのがこんな言葉です。

 年齢が上がるにつれて、転職のハードルが高くなるのは事実です。採用時の年齢制限は一部を除いて法律で禁じられていますが、現実には年齢によって転職のしやすさは異なります。特に40代以降は、ハードルが上がります。

 しかし、決して転職は不可能ではないのです。私自身、40代で転職を経験しています。私の周りにも、40代後半から50代で転職活動をして内定を獲得した人が何人もいます。

 こうした人は、「年齢的に厳しいから」と諦めたりしません。そして、見えないところで努力を重ねています。今回は50代で転職した2人の実例を紹介しましょう。

履歴書を送り続けて「すき間」を探す

 社会人になってから、10回以上転職しているAさん。50代でも転職を成功させました。

 Aさんには、転職市場で重宝されるような能力があるわけではありません。これまでの所属先も、いわゆる有名企業ではありません。しかしAさんには、内定を獲得するために必要なあるスキルがありました。それは、「落ちることを気にせず履歴書を書き、送る能力」です。

 「50代は、1000通の履歴書を送れば1つは内定が取れる。どこかにすき間はある」。Aさんはこう話します。この信念に基づいて、人材紹介に頼らず、自分で探した会社に履歴書を発送し続けたといいます。

 ただ履歴書を送るだけなら簡単だ、と思うかもしれません。しかしたいていの人は、10~20社程度で嫌になってしまいます。ましてや、「貴殿の今後のご活躍をお祈り申し上げます」と書かれた通称“お祈りメール”や、郵送での不採用通知などを立て続けに受け取ったら、気分が落ち込みます。中には、履歴書の原本を返送してくる会社もあります。まるで絶縁状を突きつけられたような気持ちになるでしょう。

 それでも、履歴書を書いて送り続ける。その粘り強さ、諦めない気持ちの強さが、年齢制限を突破するチャンスを作ります。

直接会うチャンスをつかむ

 Bさんは、若い頃から転職好き。これまで数年おきに転職を重ねてきました。しかし50代になって、さすがに転職に苦労するようになりました。

 一般公募では、50代での応募は不採用になりがちです。だからといって、Aさんのように1000枚の履歴書を送るパワーはありません。そこでBさんがとった手段が、お目当ての企業と関係がある第三者をフル活用する方法でした。

 Bさんが志望する企業は、もともと40代以下をターゲットに求人を出していました。50歳を超えているBさんは対象外だったのですが、その会社の社員や人材エージェントなどあらゆるツテを頼って、「面接ではなく単なる面談でよい。とにかく一度会わせてほしい」と頼み込んだのです。小さな会社だったこともあり、直接、社長に会えることになりました。