中途採用選考で必要になるのが履歴書。そこに貼る証明写真は、多くの人が思っている以上に大切です。きちんとした写真を添付することは、不合格の回避につながります。

 人気企業であれば、1人の中途採用枠に対して100人規模の応募があります。多くの場合、一人ひとりをじっくり選考する余裕はありません。そこで人事部門は、1軍、2軍、3軍といった具合で応募者に優先度を付けます。その基準の1つになるのが、履歴書の写真です。

 写真の切り取りが雑な人、きれいに貼っていない人。こうした人は、日ごろの行動にも雑な点があると考えられます。人事部門としては当然、仕事が雑な人よりもきちんとこなしてくれる人の方が望ましい。ですから写真の貼り方が雑だと、3軍行きになりがちなのです。不合格ではありませんが、応募者の中での優先度が下がります。

 最近は、スマートフォンで自撮りした写真をプリントアウトして切り取り、履歴書に貼ってくる人もいます。本人にとっては効率的かもしれませんが、選考側からすれば手抜きに感じ、あまり良い印象を持ちません。

 IT系の仕事をしている人には、画像処理ソフトを使いこなして、自撮りした写真を加工修正する例も増えてきました。ただ、そもそも自撮りのために身体が傾いていたり、コピー用紙にインクジェットプリンターで印刷しているため色味がおかしくなっていたりなど、雑な部分が見られます。

 ささいなことだと思う人もいるでしょうし、ネット上でも「そんな細かいことを気にする企業には応募しない方がよい」という意見を目にします。ただ、中途採用で選ばれるというのは、数百万円を払って自分を買ってもらうということです。自分は商品であり、証明写真は宣伝材料。そう考えて、証明写真くらいはきちんと撮影して応募しましょう。

髪型はプロに任せる

 めでたく書類選考を通過すれば、次は面接です。面接での第一印象は、証明写真以上に大切です。第一印象だけで採否が決まることはないでしょうが、第一印象の悪さが、合格確率を下げることはいくらでもあります。清潔感はあるか、精神的に安定しているかといったことを見られています。

 仕事の能力と清潔感はあまり関係ないのでは、という意見もあります。しかし清潔感に欠けるというのは、多かれ少なかれ不潔な印象を与えているということです。不潔な人と、喜んで交流したい人は少ないでしょう。清潔感は、ビジネスをうまく進めるにあたって重要な要素なのです。

 特に、髪型やひげなどはこざっぱりして臨みましょう。私は、就職面接に臨む男性には必ず、床屋に行ってシェービングすると勝率が上がるとアドバイスしています。産毛が顔を覆っている、眉毛が整っていない、ひげのそり残しがあるといったことは、細かいことですが選考側からすると気になります。履歴書には「健康状態良好」とあっても、徹夜明けで面接に来た不健康な社会人という印象を持ってしまうこともあります。