echo wearのような衣服型のウエアラブル機器では、電子的機能を生み出す配線と衣服の親和性が重要となる。その配線技術を担ったのが、変形・伸縮可能な電子回路の実用化を目指して独自のスマートアパレル「e-skin」を開発する、東大発のスタートアップXenomaだ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い