全1679文字
PR

 仙台市は、市役所本庁舎建て替えの基本設計者を選ぶ公募型プロポーザルで、石本建築事務所(東京・千代田)と千葉学建築計画事務所(東京・渋谷)の2社によるJV(設計共同企業体)を受注候補者に選定した。次点者は久米設計(東京・江東)とAL建築設計事務所(仙台市)のJVだった。

北東側の全景イメージ。左手に見えるのは宮城県庁の緑。「杜(もり)の都」と呼ばれる仙台のシンボルでもあるケヤキ並木を南・東の街路に連続させる(資料:石本建築事務所・千葉学建築計画事務所JV)
北東側の全景イメージ。左手に見えるのは宮城県庁の緑。「杜(もり)の都」と呼ばれる仙台のシンボルでもあるケヤキ並木を南・東の街路に連続させる(資料:石本建築事務所・千葉学建築計画事務所JV)
[画像のクリックで拡大表示]

 1965年に完成した現本庁舎は、高層棟と低層棟から成る行政棟、および議会棟によって構成される。新本庁舎の建設に当たっては、低層棟や議会棟のほか、噴水広場などの外構を先行解体し、1期工事として、敷地南側に新本庁舎を建てる。高層棟と北側駐車場を解体後、2期工事として、敷地北側に駐車場や外構を整備する。

受注候補者による技術提案書の一部。平常時は市民のにぎわいや憩いの場である「みち」・「みせ」・「ひろば」は、災害時には避難所や救援物資の仕分け場所、炊き出しの場になる(資料:石本建築事務所・千葉学建築計画事務所JV)
受注候補者による技術提案書の一部。平常時は市民のにぎわいや憩いの場である「みち」・「みせ」・「ひろば」は、災害時には避難所や救援物資の仕分け場所、炊き出しの場になる(資料:石本建築事務所・千葉学建築計画事務所JV)
[画像のクリックで拡大表示]

 受注候補者に選ばれた石本建築事務所・千葉学建築計画事務所JVによる提案のコンセプトは、「素朴な技術の活用」や「小さな活動の場の連鎖」など。東日本大震災で学んだことの1つとして、「『技術』で自然をコントロールできるというのは、人間の過信であった」とし、自然光や風を身近に感じる平面計画を示している。

東南側低層部。仙台市を代表する商業地、一番町商店街から続く街路を引き込んだ「みち」、市民活動の拠点となる「みせ」、マルシェなどの多彩なイベントの場である「ひろば」が有機的に連携する公共空間を提案している(資料:石本建築事務所・千葉学建築計画事務所JV)
東南側低層部。仙台市を代表する商業地、一番町商店街から続く街路を引き込んだ「みち」、市民活動の拠点となる「みせ」、マルシェなどの多彩なイベントの場である「ひろば」が有機的に連携する公共空間を提案している(資料:石本建築事務所・千葉学建築計画事務所JV)
[画像のクリックで拡大表示]

 また、街の様々な活動やにぎわいが見渡せる「みち」、仙台の文化でもある市民活動や協働の拠点となる「みせ」、それらが立体的に重なり合って生まれる「ひろば」――。これら「小さな活動の場の集合体」で、市民の心のよりどころとなる空間を実現しようとしている。

立体的に交差する「みち」からは、街の様々な活動やにぎわいが見渡せる(資料:石本建築事務所・千葉学建築計画事務所JV)
立体的に交差する「みち」からは、街の様々な活動やにぎわいが見渡せる(資料:石本建築事務所・千葉学建築計画事務所JV)
[画像のクリックで拡大表示]

 審査講評では、「東日本大震災からコンセプトを導いている点や、『素朴な技術の活用』というコンセプトが評価できる」とされた。また、「高層部の執務フロアにも低層部の市民協働の場を展開できる構成となっている点、市民協働の機能を『みち』を引き込んで立体的に構成するアイデアや低層部を中心にその拠点となる『みせ』という箱を配置する提案が練られており、東側や南側の街路を活動的にするという提案だけではなく、北や西側の街路も大事にしている」と評価した。

執務スペースのまわりは市民協働スペース。市民と職員が一緒に使用できるアルコーブの打ち合わせスペースがある。外周に巡るバルコニーは、日射制御、ガラス清掃や設備機器のメンテナンス動線、さらには災害時の補助的な避難動線、下階へのガラス落下対策として機能する(資料:石本建築事務所・千葉学建築計画事務所JV)
執務スペースのまわりは市民協働スペース。市民と職員が一緒に使用できるアルコーブの打ち合わせスペースがある。外周に巡るバルコニーは、日射制御、ガラス清掃や設備機器のメンテナンス動線、さらには災害時の補助的な避難動線、下階へのガラス落下対策として機能する(資料:石本建築事務所・千葉学建築計画事務所JV)
[画像のクリックで拡大表示]