全1415文字
PR

 東海国立大学機構は、「東海国立大学機構(東山)プラットフォーム」の設計者を選ぶ公募型プロポーザルで、小堀哲夫建築設計事務所(東京・文京)を特定した。次点は伊東豊雄建築設計事務所(同・渋谷)だった。

外観イメージ。大地をぺらっとめくったような大屋根の上に、豊田講堂前の芝生広場からつながる谷状の「谷戸広場」をつくった。地上と地下、屋外と屋内が立体的につながり、学生の学びや街の人々の活動があふれ出すような場を目指している(資料:小堀哲夫建築設計事務所)
外観イメージ。大地をぺらっとめくったような大屋根の上に、豊田講堂前の芝生広場からつながる谷状の「谷戸広場」をつくった。地上と地下、屋外と屋内が立体的につながり、学生の学びや街の人々の活動があふれ出すような場を目指している(資料:小堀哲夫建築設計事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

 東海国立大学機構は、名古屋大学と岐阜大学を統合して2020年4月に設立された国立大学法人だ。名古屋市千種区に位置する名古屋大学東山キャンパスのシンボルである豊田講堂に正対し、重要な都市軸を形成する広場としての機能と、教育・研究の新たな拠点としての機能を併せ持つ施設を建設する。

反り上がった凹面の両側に生まれた低い軒下空間。既存の並木通り沿いに一直線に続いている(資料:小堀哲夫建築設計事務所)
反り上がった凹面の両側に生まれた低い軒下空間。既存の並木通り沿いに一直線に続いている(資料:小堀哲夫建築設計事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

 小堀哲夫建築設計事務所による提案は、主要機能を地下部に集約配置し、豊田講堂から東西に延びる軸線上の地上部分は緩やかな凹面の「谷戸(やと)広場」として開放するもの。谷戸広場を構成するのは、両端が反り上がった形状の大屋根だ。文系学部と理系学部が交わる南北軸「パス」や、地域にも開かれた東西軸「パサージュ」、地下で何が起こっているかを見下ろせる1階の「えんがわ」によって、施設の内外が立体的につながり、人々の交流を促す。

小堀哲夫建築設計事務所の技術提案書の一部。主要機能を地下部に配置している。グラウンドレベルには、学生の居場所や自習室、地域市民や企業の実証実験などの場として、半外部の「えんがわ」スペースをつくる(資料:小堀哲夫建築設計事務所)
小堀哲夫建築設計事務所の技術提案書の一部。主要機能を地下部に配置している。グラウンドレベルには、学生の居場所や自習室、地域市民や企業の実証実験などの場として、半外部の「えんがわ」スペースをつくる(資料:小堀哲夫建築設計事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

 審査講評では、「反り上がった凹面の両端部が並木通りに沿って一直線に続く低い軒下空間を生んでいる。同時に、この軒下から取り込まれる自然光や通風が、地下空間に明るさと開放感を与えている点が巧みな計画であり、より深い学びと人々の出会いの場として秀逸な提案となっている」とされた。さらに、「施設には20カ所からの多角的なアクセスが可能であり、文字通り開かれた施設として活用される姿がイメージされ、また空間内部の構成も将来の改変に向けた柔軟性を有している。総合的に非常に熱意に満ちた提案の姿勢にあふれ、新たなプラットフォームづくりを依頼するにふさわしいと考えた」と講評している。

光がふんだんに入る半外部空間のような地下の動画作成スタジオ。ハイサイド窓によって重力換気を行い、空調のランニングコストを低減。自然採光によって、照明エネルギーの削減を図る(資料:小堀哲夫建築設計事務所)
光がふんだんに入る半外部空間のような地下の動画作成スタジオ。ハイサイド窓によって重力換気を行い、空調のランニングコストを低減。自然採光によって、照明エネルギーの削減を図る(資料:小堀哲夫建築設計事務所)
[画像のクリックで拡大表示]
1階交流広場のブリッジから地下1階を見る。アクティブラーニング室や学生サポートカウンター、データサイエンス演習室など、様々な用途の場がワンルーム空間として立体的に広がり、偶発的な出会いを誘発する(資料:小堀哲夫建築設計事務所)
1階交流広場のブリッジから地下1階を見る。アクティブラーニング室や学生サポートカウンター、データサイエンス演習室など、様々な用途の場がワンルーム空間として立体的に広がり、偶発的な出会いを誘発する(資料:小堀哲夫建築設計事務所)
[画像のクリックで拡大表示]
1階「えんがわ」(右手)からアクティブラーニング室、学生サポートカウンター、中庭などを見通す。すべての壁はデジタルツインや情報伝達、展示に活用できる(資料:小堀哲夫建築設計事務所)
1階「えんがわ」(右手)からアクティブラーニング室、学生サポートカウンター、中庭などを見通す。すべての壁はデジタルツインや情報伝達、展示に活用できる(資料:小堀哲夫建築設計事務所)
[画像のクリックで拡大表示]