PR

 岡山市は、岡山駅前広場のデザインを検討するプロポーザルの最適提案者に弥田俊男設計建築事務所(東京都渋谷区)を選定した。

JR岡山駅から見た広場のイメージ。緑あふれる憩いのスペースが点在している(資料:弥田俊男設計建築事務所)
JR岡山駅から見た広場のイメージ。緑あふれる憩いのスペースが点在している(資料:弥田俊男設計建築事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

 対象となるJR岡山駅前は、路面電車の乗り場が横断歩道を2回渡った位置にあり、市民や来街者にとって、乗り換えの利便性が低い状況にあった。市は、バスやタクシー同様、路面電車も駅前広場に乗り入れることで、交通結束点としての機能強化を図ると同時に、岡山の玄関口にふさわしい駅前広場の在り方について、検討を進めていた。

 プロポーザルでは、路面電車の乗り入れに伴う駅前広場の整備に際して、以下の2つのテーマに対する企画提案が求められた。

特定テーマ1:市民や来訪者が「岡山らしさ」を感じられる駅前広場の空間・建築デザイン。
特定テーマ2:駅前広場を拠点とする周辺への歩行者優先の動線確保。