PR

 大気や海洋の平均温度が長期的にみて上昇する現象。世界気象機関と国連環境計画が設立した国際間組織「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の第4次評価報告書によれば、世界全体の平均気温は1906年から2005年までの100年間に0.74℃上昇した。温室効果ガスの排出量が最も多い場合、IPCCの第5次評価報告書では21世紀末までに1986~2005年より平均気温は最大で4.8℃高まり、世界の平均海面水位も0.45~0.82m上昇する可能性が高いとしている。同報告書では、「気候システムの温暖化には疑う余地がない」と指摘。「人為起源の温室効果ガスの排出が、温暖化の支配的な原因であった可能性が極めて高い」としたうえで、「適応と緩和は気候変動のリスクを低減して管理するための相互補完的な戦略である」と述べている。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

さよならオフィス
東京大改造マップ開発プロジェクトデータ集2020年版

東京大改造マップ開発プロジェクトデータ集2020年版

東京五輪後を見据えた首都の大改造を先読みする竣工予報データの最新版!

東京23区内および横浜市で進行中の大規模開発プロジェクト(延べ面積1万平米以上)354件の詳細データを収録。いつ、どこで、どんな開発が行われるかをExcelのデータで自在に検索できます。

詳細はこちら

東京大改造マップ2020-20XX

東京大改造マップ2020-20XX

23区・横浜で進む大規模開発を網羅、総数354件!

東京五輪を機とした様々なインフラの整備、国の中枢として避けることのできない国際的な都市間競争への対応、その先に求められる成熟のために急ピッチで進む東京の都市改造をレポートする好評シリーズの第7弾。

詳細はこちら