PR

 2013年12月に施行された「交通政策基本法」に基づき、15年2月に閣議決定された計画。14年度から20年度までの7年間を計画期間としており、交通に関する基本的な方針や施策の目標、政府が行うべき施策などについて定めている。「グローバリゼーションの進展」や「ICTの劇的な進歩など技術革新の進展」、「東日本大震災からの復興」などの社会・経済の動きに対応する。基本的な方針として「豊かな国民生活に資する使いやすい交通の実現」や「成長と繁栄の基盤となる国際・地域間の旅客交通・物流ネットワークの構築」、「持続可能で安心・安全な交通に向けた基盤づくり」を掲げ、それぞれについて施策の目標や具体的な施策などを示した。特に留意すべき事項として、適切な「見える化」やフォローアップを挙げている。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

さよならオフィス
東京大改造マップ開発プロジェクトデータ集2020年版

東京大改造マップ開発プロジェクトデータ集2020年版

東京五輪後を見据えた首都の大改造を先読みする竣工予報データの最新版!

東京23区内および横浜市で進行中の大規模開発プロジェクト(延べ面積1万平米以上)354件の詳細データを収録。いつ、どこで、どんな開発が行われるかをExcelのデータで自在に検索できます。

詳細はこちら

東京大改造マップ2020-20XX

東京大改造マップ2020-20XX

23区・横浜で進む大規模開発を網羅、総数354件!

東京五輪を機とした様々なインフラの整備、国の中枢として避けることのできない国際的な都市間競争への対応、その先に求められる成熟のために急ピッチで進む東京の都市改造をレポートする好評シリーズの第7弾。

詳細はこちら