PR

 既設のダムを有効に活用する「ダム再生」を、さらに進展させるための方策をまとめたもの。国土交通省が2017年6月に公表した。社会資本のストック効果を高めるため、ダム再生は国交省がハードとソフトの両面から推進している施策で、生産性革命プロジェクトの一つにも位置付けられている。利水の容量を洪水調節に活用するなど、運用の改善だけで新たな効果を発揮させたり、ダムの堤体をわずかにかさ上げすることで貯水容量を大きく増やしたりする。このような運用や改良の事例が増えつつあることに加え、レーダー雨量計の性能が高まり、貯水池での大水深・大口径の堤体削孔などの技術が進展してきたことから、ダム再生を加速させる。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

さよならオフィス
東京大改造マップ開発プロジェクトデータ集2020年版

東京大改造マップ開発プロジェクトデータ集2020年版

東京五輪後を見据えた首都の大改造を先読みする竣工予報データの最新版!

東京23区内および横浜市で進行中の大規模開発プロジェクト(延べ面積1万平米以上)354件の詳細データを収録。いつ、どこで、どんな開発が行われるかをExcelのデータで自在に検索できます。

詳細はこちら

東京大改造マップ2020-20XX

東京大改造マップ2020-20XX

23区・横浜で進む大規模開発を網羅、総数354件!

東京五輪を機とした様々なインフラの整備、国の中枢として避けることのできない国際的な都市間競争への対応、その先に求められる成熟のために急ピッチで進む東京の都市改造をレポートする好評シリーズの第7弾。

詳細はこちら