PR

黎明期の研究者たちの“熱さ”を体感

 宇宙開発は実用の時代に入ったともいわれる。しかし50年以上前に建てられたこれら建築群に接すると、黎明期の研究者たちが抱いた熱い挑戦への意欲を感じとることができる。この暑い夏にこそ、熱さを体感しに訪れてみてほしい。

(イラスト:宮沢 洋)
(イラスト:宮沢 洋)
[画像のクリックで拡大表示]
(イラスト:宮沢 洋)
(イラスト:宮沢 洋)
[画像のクリックで拡大表示]
(イラスト:宮沢 洋)
(イラスト:宮沢 洋)
[画像のクリックで拡大表示]
(イラスト:宮沢 洋)
(イラスト:宮沢 洋)

■内之浦宇宙空間観測所(JAXA)
〈利用案内〉
所在地:鹿児島県肝付町南方1791-13
アクセス:鹿児島空港から車で約1時間半
休館日:見学施設により異なる
開館時間:午前8時30分〜午後4時30分
入場料:無料
公式サイト:http://fanfun.jaxa.jp/visit/uchinoura/access.html
〈建築概要〉
発注:東京大学
設計:東京大学池辺研究室
施工:銭高組ほか
竣工:第1期整備は1962年。ロケット組み立て室は1966年。宇宙科学資料館は1972年