実家だし、仕事は楽だし、いいことばかり。

 初めのうちはそう思ったんですけどね。でもだんだん考えるわけですよ。ずっとこのままなのか、と。

 まず、夕方に家に帰ってもやることがない。残業代も当然無いし、給料の先行きも明るくない。当時いた会社は、昇給があまりなかったんですね。仕事を頑張ったつもりでもその評価は給料に反映されずに、資格の有無が優先される。社内資格、公的な資格、マイクロソフト、シスコ(シスコシステムズ)……、資格保有者だと少し上乗せされるけど大きくは増えない。

 当時の会社は50歳が定年でその後は再雇用になるシステムでした。それで再雇用時に給料が3割下がる。例えば、50歳で500万円だったらその後350万円ですよ。それはつらいな、と思いました。

そのまま地元で落ち着くことは考えなかった。

 そうですね。その頃、業務が広がってシステム構築を手掛けたりしていました。現場の人たちと仲良くなってしょっちゅう飲みに行ったりして、楽しくなかったわけじゃないんです。大阪、京都への出張も多くて都会にも出られる。でも、勤め始めて2年半くらいで辞めようかなという気になりました。

「結婚相手を紹介してやる」、振り切って上京し再転職

転職に至る直接のきっかけは何だったんですか。

 かつてアルバイトしていた会社の人からの連絡です。その会社で「こういう職種を募集しているよ」と。それが今の会社です。

 当時のシステムエンジニア的な仕事の経験がすぐに生かせるだろうし、また同じ業界にかかわりたかったし。すぐに有給をとって面接のために上京しました。アルバイト時代の知り合いはもう少なくなっていたんですが、話はスムーズに進みました。

退職時に何か言われたりとかは……

 特に無かったんですけど、バタバタでしたね。採用が決まった日の1カ月後が新会社の出社初日だったんです。転職が決まるにしても時間の余裕は多少あると思っていたので、慌てました。採用の連絡が来てすぐに便せんを買って辞表を書いてハンコを押して提出。同時に有給を2週間取りました。東京での住まいを決めるためです。

採用されないかもしれなかったわけですよね。

 ダメでも別の会社を狙っていたと思います。東京へもう一度出たかったので。

 そういえばその頃、職場で事務をしていたおばちゃんに声をかけられまして。「あなたを気になっている娘がいる」とか言って。同じ職場で人気のある女の子との仲を取り持つという話だったんですけど、いずれ転職して東京へ出るつもりだったので断ってしまいました。ほかにも現場で仲良くなったおっちゃんに、いい人紹介してやるから結婚しろ、とか言われたりしました。でも、家庭を持つには至らなかったですね。

新しい会社の待遇は気にしましたか。

 希望していた業界だし、前に居たときはアルバイトだったとはいえおよその仕事ぶりは分かっていたので、このときもあまり気にしませんでした。提示された給料はあんまり高くなかったんですが、残業すれば当然残業代はつくし、年収は上がりましたね。会社に入ってから、ずっと上がってます。

入社して、仕事の内容は変わりましたか。

 転職した当時から主な業務はあまり変わっていません。システムの改修やそれに伴う、ソフトやサービスの評価、セキュリティ事故への対応。社内の不正の監視や証拠収集あたりも仕事です。昔と違うのは、転職希望者を面接する側になったことですかね。

年収も上がって立場も変わり、これで落ち着くでしょうか。

 うーん。実は新しいことにチャレンジしたいんですよね。今の会社に入って10年以上すぎて、自分は40代半ば。定年を60歳とすると残りの15年は、今とは違うもうちょっと大きな仕事を手掛けたいと思っています。今の会社では、理不尽な仕打ちや先行きの暗さはありませんが、狙った求人があればためらわずに動きますよ。