PR

OS移行時の注意点

 OSの入ったストレージを換装する場合には、データの移行が必要になる。この作業には、OSを含めたデータをまるごとコピーしてくれるクローンツールが便利だ。

 手順としては、新しいSSDを外付けケースに入れてUSBなどで外付けして、クローンを作ってから、元のストレージに入れ替える。メジャーブランドのSSDは、データ移行用のクローンツールを配布しているのでそれを利用してもよいし、「EaseUS Todo Backup Free」などのフリーツールを利用してもよいだろう。

 ただ、この方法が使えるのは基本的にSerial ATA SSDに限られる。PCI Express SSDをUSBに変換して外付けできるケースは今のところかなり少ないためだ。PCI Express SSDに換装するのはそういう点でもハードルが高い。

 カバーを開けて作業する際の注意点は、基本的にメモリーと共通である。2.5インチのストレージの場合は、細いフレキシブルケーブルが使われている場合もあるので、ケーブルを切ってしまわないように気を付けよう。

ノートパソコンの2.5インチHDD/SSDはこのように固定パーツが付いていることが多い
ノートパソコンの2.5インチHDD/SSDはこのように固定パーツが付いていることが多い
[画像のクリックで拡大表示]
換装するSSDに固定パーツを付けてからパソコンに取り付ける
換装するSSDに固定パーツを付けてからパソコンに取り付ける
[画像のクリックで拡大表示]