PR

最多は「衝突防止」、組み合わせで実現

 出願の主体が外国企業に移りつつあることを踏まえ、欧米で使用されるCPC分類(共通特許分類)を使用して全体的な出願傾向を把握した(図6)。車両用途のLiDAR技術では「車両間の衝突防止」に関する分類が、他を引き離して最も多く付与されている。

 またレーダーやソナー、画像処理に関連する分類も上位となっている。自動運転や障害物回避の性能を高めるため、LiDARとカメラ、LiDARとミリ波レーダーなど、複数のセンサーを組み合わせる技術を反映していると考えられる。

図6 衝突防止向けが最多
図6 衝突防止向けが最多
自動車関連LiDARの特許出願の件数を欧米で使用されるCPC分類(共通特許分類)により比較した。(図:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]