全2108文字
PR

 コンセントを不用意に触ると、感電することもある。筆者は子供の頃、ぬれた手でコンセントを触ってしまい、感電したことがある。激痛が走り、親指の感覚を1週間失う羽目になった。感電は死に至ることもあるため、コンセントにカバーをつけて子供やペットの感電を防ぎたい。

 またコンセントは火災の原因になることもある。ほこりによってコンセントがショートするトラッキングという現象を聞いたことがあるだろう。トラッキングを防ぐためにも、使っていないコンセントにはなるべくカバーをつけておきたい。100均ショップにはコンセントのカバーも多く売られている。

 キャンドゥやセリアには「コンセントカバー」という、樹脂製のカバーが売られていた。カバーは差し込み口に向かって形状が絞り込まれており、一度コンセントに取り付けても指が入りやすく取り外しやすかった。12個入りで税別100円と安く感じるが、家電量販店の最も安価な製品も10個入り110円程度で売られている。それより若干安い程度だ。

「コンセントカバー」はコンセントにかぶせる樹脂製のカバー
「コンセントカバー」はコンセントにかぶせる樹脂製のカバー
12個入りで100円(税別)。キャンドゥやセリアなどで売られていた(写真はスタジオキャスパー、以下記載がない写真は同)
[画像のクリックで拡大表示]
コンセントカバーを取り付けた例
コンセントカバーを取り付けた例
カバーの色は乳白色。カバーの下部が絞り込まれた形状であり、取り外しも容易だ
[画像のクリックで拡大表示]

 前述の「コンセントカバー」は、取り外しやすい形状で使いやすい半面、子供でも簡単に取り外せてしまう。勝手に外されるのを防ぎたいのであれば、取り外しにくいコンセントカバーを使えばよい。ダイソーで購入した「コンセント安全カバー」は、同じような樹脂製のコンセントカバーだが、付属する専用の工具がないとコンセントからカバーを取り外せない仕組みだ。家電量販店にも似たような製品は売られているが、6個入りで200円程度。100均の製品はお値打ち感がある。

ダイソーで購入した「コンセント安全カバー」
ダイソーで購入した「コンセント安全カバー」
10個入りで100円(税別)
[画像のクリックで拡大表示]
付属の工具で取り外す
付属の工具で取り外す
一度コンセントの奥まで挿し込むと、取り外しが難しい。付属の工具を用いて取り外す
[画像のクリックで拡大表示]