全1714文字
PR

 長時間机に向かいデスクワークをしていると、同じ姿勢をずっと維持するためか、疲れを感じやすい。朝は元気でも夕方には、ぐったり疲れてしまったということはないだろうか。そんな疲れを軽くするために、100均ショップで売られている息抜きグッズを活用してみよう。

 「ハンドリフレッシュボール」はキャンドゥで売られていた健康グッズだ。球状で大小さまざまな突起があり、手で握りしめることで突起がつぼを刺激するという。手のひらには、肩こりや首こり、消化器系、自律神経のバランスや憂鬱(ゆううつ)、飲み過ぎや食べ過ぎなどに効くつぼが多数あるらしく、これを軽く握るだけでも気持ちいい。大きさは手のひらに入る持ち運びやすいサイズ。仕事中だけでなく、通勤中にも使いたいグッズだ。

キャンドゥで購入した「ハンドリフレッシュボール」
キャンドゥで購入した「ハンドリフレッシュボール」
価格は税別100円(写真はスタジオキャスパー、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
軽く握りしめるだけでつぼを刺激しているのか気持ちがよい
軽く握りしめるだけでつぼを刺激しているのか気持ちがよい
大小さまざまな突起が効率よく手のひらに当たる
[画像のクリックで拡大表示]

 キーボードやマウスを操るときは手首を曲げなければならず、手や手の甲、手首に負担がかかりやすい。けんしょう炎になることもある。そこで、手首の負担を減らすためにパームレスト(リストレストとも呼ばれる)を使うとよい。ダイソーで購入した「低反発リストレスト」は、押し込んでもゆっくり元に戻る低反発素材を使っている。キーボード使用時に手や手首にかかる圧力を均一に分散して、負担を軽減させるという。

ダイソーで購入したキーボード用のパームレスト「低反発リストレスト」
ダイソーで購入したキーボード用のパームレスト「低反発リストレスト」
価格は税別100円
[画像のクリックで拡大表示]