全1987文字
PR

 梅雨の時期となり夏が近づくにつれ、蒸し暑い日が増えてきた。こういうときは、風にあたって涼みたいもの。うちわや扇子であおいでもよいが、楽に風を起こせる「小型扇風機」があると快適だ。今回は、100均ショップで見つけた格安の小型扇風機を紹介する。

 ダイソーの「USB扇風機プラ製フレームタイプ」は、卓上に設置できる小型扇風機だ。パソコンや充電器などのUSB端子から給電して動作する。ケーブルの長さは1.2メートルもあるので、パソコンから離れた場所に設置しやすい。背面には電源スイッチがあり、使わないときはオフにできる。

 本体は幅15×奥行き15×高さ15センチメートルとコンパクトで、机に置いても場所をとらない。内部のファンも直径12センチメートル程度、羽は6枚あり風力は強い。台座は上下に角度を変えられ、風の向きを調整しやすい。価格は330円(税込み、以下同)で100均ショップの製品としては高価だが、作りを考えると安い。

 今回は風速計で扇風機から1センチメートルの位置と、約50センチメートル離れた位置の風速を測定した。

 気象庁が風の強さの目安として用いる「ビューフォート風力階級表」によると、風速0~0.2メートル/秒は風力「0」でほぼ無風、風速0.3~1.5メートル/秒は同「1」で煙がなびく程度、風速1.6~3.3メートル/秒は同「2」で顔に風を感じ木の葉が揺れる程度、風速3.4~5.4メートル/秒は同「3」で旗がはためき木の葉や小枝が揺れる程度。同「4」は風速5.5~7.9メートル/秒で、砂ぼこりがたち紙片が舞う程度としている。

 家電量販店において1000円弱で売っていたUSB扇風機の風速を測定したところ、1センチメートル付近で10.1メートル/秒、50センチメートル付近で1.8メートル/秒程度だった。今回紹介する小型扇風機の風速と比較してほしい。

 風速計でUSB扇風機プラ製フレームタイプの風速を測定したところ、本体から1センチメートル付近は2.5メートル/秒、50センチメートル付近で1.5メートル/秒だった。家電量販店のUSB扇風機と比べると風力は弱いが、それなりに涼める。また、動作音は静かでオフィスでも使いやすそうだ。

ダイソーで購入した小型扇風機「USB扇風機プラ製フレームタイプ」。パソコンや充電器などのUSB端子から給電し動作する
ダイソーで購入した小型扇風機「USB扇風機プラ製フレームタイプ」。パソコンや充電器などのUSB端子から給電し動作する
価格は330円(税込み)(写真はスタジオキャスパー、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
本体サイズは幅15×奥行き15×高さ15センチメートルで、設置面積をとらない。巨大な羽を6枚備える。USBケーブルは1.2メートルと長い
本体サイズは幅15×奥行き15×高さ15センチメートルで、設置面積をとらない。巨大な羽を6枚備える。USBケーブルは1.2メートルと長い
[画像のクリックで拡大表示]