全1692文字

 スマートフォンの画面はガラスで覆われていて、一定以上の衝撃が加わると傷が付いたり割れたりすることがある。そうならないように、スマホの画面に「保護フィルム」を貼っておきたいものだ。

 保護フィルムは家電量販店の場合、素材にポリエステルなどの樹脂を使う製品が500円(税込み、以下同)程度、ガラスを使う物は1000円程度で売られているが、100均ショップでも保護フィルムが買える。

 日本国内はiPhoneのシェアが高いためか、100均ショップで売られているスマホ用保護フィルムのほとんどがiPhone用である。ただ、ダイソーでは「Android用液晶保護ガラス」というAndroid用保護フィルムが売られていた。

 対応機種は、ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia 5」と「Xperia 8」用、シャープの「AQUOS sense3」と「AQUOS sense3 lite」用、韓国サムスン電子の「Galaxy S10」用の3種類である。

 各機種とも画面の角が湾曲しているが、この液晶フィルムは平面部のみを守る。素材はガラスで、厚さは約0.3ミリメートルと若干厚い。ガラスの角を丸く仕上げるラウンドエッジ加工が施されており、手触りは良かった。貼る際に保護フィルムと画面の間に気泡が混入したが、指で押し出すと簡単に消えた。

 保護フィルムの性能を測定するのは、難しい。今回は100円硬貨で強く擦り付け、保護フィルムに傷ができるかどうかを試した。このAndroid用液晶保護ガラスは優れもので、100円硬貨で強く擦っても傷は付かなかった。さらに、1メートルの高さから100円硬貨を垂直に落としても無事だった。強度は十分にありそうだ。

ダイソーで購入した「Android用液晶保護ガラス」。写真はソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia 5」と「Xperia 8」用
ダイソーで購入した「Android用液晶保護ガラス」。写真はソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia 5」と「Xperia 8」用
価格は110円(税込み)(写真はスタジオキャスパー、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
乾式と湿式のシートが付属する。施工前に画面の表面を掃除しやすい
乾式と湿式のシートが付属する。施工前に画面の表面を掃除しやすい
[画像のクリックで拡大表示]