全2269文字
PR

 2022年6月末から関東地方を中心に日中の気温が30度を優に超える猛暑が続いている。既に暑さにめいっている人も多いだろう。そんなとき、日中に屋外で行動するなら、小型扇風機を持ち歩くとよい。小型扇風機があれば、風を当てることで適度に体を冷やせる。

風力を3段階で調節、スタンドが付属

 小型扇風機は家電量販店では1000円程度から売られているが、100均ショップでも数多くの製品が購入できる。今回はその中で持ち運びに便利な小型扇風機や、小型扇風機と組み合わせて使うと便利なグッズを紹介しよう。

ダイソーで購入した「ハンディファン(角度調整可能、スタンド付)」。写真は黒色だが、白色もあった
ダイソーで購入した「ハンディファン(角度調整可能、スタンド付)」。写真は黒色だが、白色もあった
価格は550円(税込み)(写真はスタジオキャスパー、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
幅83×奥行き47×高さ160ミリメートル(実測値)と小型。スタンドが付属するので卓上でも使いやすい。ファンの向きを上下に調節できる
幅83×奥行き47×高さ160ミリメートル(実測値)と小型。スタンドが付属するので卓上でも使いやすい。ファンの向きを上下に調節できる
[画像のクリックで拡大表示]

 ダイソーで売られていた「ハンディファン(角度調整可能、スタンド付)」は、卓上で使いやすい小型扇風機。幅83×奥行き47×高さ160ミリメートル(実測値)と小型。軸は27ミリメートル(同)で、片手で持つのにちょうどよい太さだ。電源は充電池を搭載している。microUSBで充電できる。充電時間は3時間で、最大9時間の利用が可能との記載がある。充電しながらの利用もできた。

 ファンの風力は3段階で調節できる。電源ボタンを押すと電源が入り、以降1回押すごとに風力が弱、中、強と切り替わる。風力弱でも十分に涼しかった。動作音がほとんどしないので、静かな場所でも使いやすい。風力弱は動作時間が9時間との記載があり、ほぼ日中は利用できることになる。風力中にすると動作音がかなりうるさくなったが、卓上に置いた紙が動く程度の風を発生させる。風力中でも動作時間は3時間30分とあり、ちょっとした外出時でも使いやすい。風力強はかなり強い風を発生する。動作時間は1時間30分と短く、動作音はうるさく感じるレベルだ。

 スタンドが付属しており、卓上でも使いやすい。ファンの向きを上下180度に調節できるため、体に風を当てる目的だけでなく、ちょっとした空気の循環にも利用できそうだ。

 唯一不満なのが、充電用のUSBケーブルが付属しないこと。ただし、一般的なmicroUSBケーブルを使用するので、あまり困ることはないだろう。