PR
全2348文字

 100均ショップのデジタルグッズ売り場を見ると、数多くのUSBケーブルが売られている。最近はUSB Type-Cに対応するケーブルも増えてきた。今回はUSB Type-Cケーブルを中心に一風変わったUSBケーブルを紹介しよう。

 ダイソーで売られていた「充電専用ケーブル」は、パソコンや電源アダプターなどのUSB Type-C端子から、Lightning端子を持つiPhoneやiPadを充電できるUSBケーブルだ。Lightning端子は充電専用端子となり、iTunesの同期やインターネット共有といったデータ通信には利用できない。

ダイソーで購入した「充電専用ケーブル」
ダイソーで購入した「充電専用ケーブル」
製品名の通りパソコンや充電器のUSB Type-C端子からLightning端子を接続できる充電専用のケーブル。価格は税別100円
[画像のクリックで拡大表示]
長さ約50センチのケーブル
長さ約50センチのケーブル
ケーブルは柔らかく曲げやすい。充電器だけでなく、USB Type-Cを持つスマホやタブレットからiPhoneを充電できる
[画像のクリックで拡大表示]

 このケーブルは米アップルのMFI認証は受けていないため厳密にはLightningケーブルといえないが、最新OSに更新したiPhoneでも問題なく利用できた。また、最新のiPad ProはUSB Type-C端子を備えている。そのため、このケーブルでiPad ProとiPhoneを接続すると、iPad ProからiPhoneを充電できて便利だ。

 最新のiPhoneはUSB PD対応の充電器と「USB-C - Lightningケーブル」もしくはMFI認証を得た同等製品があれば、バッテリーの残量を30分で最大50%まで充電できる高速充電を利用できる。だが、このケーブルでは利用できなかった。

 ローソンストア100では、USB Type-C端子からmicroUSB端子の機器を充電できる「急速充電対応Type-C充電通信ケーブル」が売られていた。近年増えてきたUSB Type-C端子から、microUSBの機器を充電するのに重宝しそうだ。

ローソンストア100で購入した「急速充電対応Type-C充電通信ケーブル」
ローソンストア100で購入した「急速充電対応Type-C充電通信ケーブル」
価格は税別100円
[画像のクリックで拡大表示]
ケーブルの長さは約50センチ
ケーブルの長さは約50センチ
ケーブルは細くて柔らかいため、コンパクトにまとめやすい
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い