PR

 USB Type-AをUSB Type-Cに変換するアダプターは、ダイソーにもあった。ダイソーの製品は、外側が金属でできており質感が良い。USB Type-Aコネクターは、USB 3.0以降で利用されている接点が多いタイプだった。

ダイソーで売られていたUSB Type-AからType-Cへの変換アダプター。価格は税込で108円。外装は金属で、写真の色のほかに何色かカラーバリエーションがあった
ダイソーで売られていたUSB Type-AからType-Cへの変換アダプター。価格は税込で108円。外装は金属で、写真の色のほかに何色かカラーバリエーションがあった
[画像のクリックで拡大表示]

Lightningに対応する製品は充電のみだった

 ちなみに100均ショップには、microUSB端子からLightning端子に変換するアダプターも売られている。今回はダイソーで見つけた。

 この変換アダプターは充電専用となっており、端子の片面のみ利用できるものだった。通信には非対応であるため、ファイルの転送はもちろんのこと、iTunesの同期やパソコン経由のファームアップといった作業はできない。

 また、100円ショップで売られているLightning変換アダプターは、充電電流が最大1.5Aまでとなっている。iPhoneであれば問題ないが、充電時に最大2.4A程度まで電流が流れるiPadで利用できないので注意したい。

Lightning変換アダプターはダイソーで購入した。価格は税込108円。充電のみに対応し、Lightningコネクターは片側だけで利用する
Lightning変換アダプターはダイソーで購入した。価格は税込108円。充電のみに対応し、Lightningコネクターは片側だけで利用する
[画像のクリックで拡大表示]
田代 祥吾(たしろ しょうご)
パソコンの周辺機器メーカーなどを経て、現在はフリーランスライターとして活動。日経PC21や日経パソコンなどで記事を執筆している。得意ジャンルはパソコンやスマートフォン、自動車、アキバ系サブカルチャーなど。