全1889文字
PR

 パソコンの操作に欠かせないマウス。家電量販店で500円(税別、以下同)程度から購入できるが100均ショップでも買える。100均ショップとはいえ、ワイヤレスマウスやゲーミングマウスもありバリエーションは豊富だ。

 キャンドゥで購入した「USB光学式マウス」は、赤色LEDを利用する光学センサー式のUSB有線マウスである。USBケーブルは1.1メートルで、ノートパソコンで使うのにちょうどいい長さだ。ケーブルは細いが材質が硬めで曲げにくい。マウスを動かしたときに、USBケーブルが少々鬱陶しいと感じた。

キャンドゥで購入した「USB光学式マウス」はUSB有線マウスだ
キャンドゥで購入した「USB光学式マウス」はUSB有線マウスだ
価格は100円(税別)(写真はスタジオキャスパー、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 左右のクリックボタンと中央にホイールを備えており、マウスとしては必要最小限の機能を持つ。左右のクリックボタンはカチカチとクリック感があるものの、ボタンストロークが短く押し心地も悪いため、使っていてストレスがたまる。ホイールは軽いのでスクロールしやすい。ホイールはセンターボタンを兼ねており、押し込むと第3ボタンとして利用できる。Windows OSではマウスカーソルからスクロールに操作を切り替えられる。マウスの表面は樹脂そのものの手触りだった。

 テーブルとの接点となる底面のソールは、一体成型の樹脂製だ。一般的なマウスは表面の摩擦抵抗が少なく軟らかいフッ素樹脂などを素材に使う。それに比べると、マウスの滑りは悪くないものの、動かし始めたときや止めたときの初動操作時に、手に直接衝撃が伝わる。そのため長時間使っていると疲れてしまった。

 ただ、マウスカーソルを動かすことはできるし、ホイールでスクロールもできる。必要最小限の機能を持つ100円マウスとして割り切るならありだろう。

サイズは幅56×奥行き97×高さ32ミリで小型。重さは35グラムと軽い(いずれも実測値、サイズは突起部やケーブルを除く)
サイズは幅56×奥行き97×高さ32ミリで小型。重さは35グラムと軽い(いずれも実測値、サイズは突起部やケーブルを除く)
樹脂を表面加工していないため見た目はチープだ。利用時は透明な箇所が赤く光る
[画像のクリックで拡大表示]
赤色LEDを利用する光学センサー式を採用。ソールは素材に樹脂を用い、底面と一体成型だ
赤色LEDを利用する光学センサー式を採用。ソールは素材に樹脂を用い、底面と一体成型だ
マウスの滑りは悪くないが、ちょっとした動きでも手に直接振動が伝わってしまうため疲れを感じた
[画像のクリックで拡大表示]