PR

ダイソーの導電繊維タイプは使い勝手がいい

 ダイソーで売っている「タッチペン【ボールペン付】」は、油性ボールペンを兼ねた導電繊維タイプのタッチペンだ。本体の素材はアルミ合金を使用している。本体表面は梨地状に加工されているため手触りは良く、100均ショップの商品とは思えない質感がある。

 末端部分を時計回りに回すとボールペンのペン先が現れ、反時計回りに回すと収納できる。これならインク漏れの心配がなく、ワイシャツやかばんのポケットにも入れておける。ボール径は1ミリメートルと太いため、軽い力でも滑らかに太い文字が書ける。なお、ボールペンを分解しようと思ったが、うまくできなかった。つまり、インクの交換はできないようだ。

 導電繊維のペン先は一見硬そうに見える。だが触るとかなり弾力がある。画面に強い力で押し付けても、画面が傷付くことはない。画面を軽く触るだけで操作できるので、使っていて心地いい。誤認識もなかった。製品の個体差なのか、導電繊維に汚れのような色ムラが若干あったことだけは残念だった。

「タッチペン【ボールペン付】」はダイソーで購入。価格は100円(税別)。ボールペンが2色になっている商品もある
「タッチペン【ボールペン付】」はダイソーで購入。価格は100円(税別)。ボールペンが2色になっている商品もある
[画像のクリックで拡大表示]
ペン先は滑らかに動く。ただし、若干金属が擦れるような音がした
ペン先は滑らかに動く。ただし、若干金属が擦れるような音がした
[画像のクリックで拡大表示]

滑らかに動いたキャンドゥのクリアディスク型ペンタイプ

 キャンドゥで見つけた「ディスクタイプタッチペン クリップ付き」と「ディスクタイプタッチペン ボールペン付き」は、クリアディスク型のタッチペンだ。いずれもタッチペン部分の作りは同じ。横にクリップが付いているか、末端にボールペンが付いているかが違う。色はどちらも銀と黒の2種類ある。

 本体は一見すると金属のように見えるが、樹脂製だ。見た目は高級感があるが、手に持つとかなり軽い。クリアディスク型のタッチペンはディスクの設置面が広いため、滑らかには動かないように思えるかもしれない。だが実際は導電繊維ほどではないものの、かなりスムーズに動く。ペン先の中央部分だけが認識されるので、狙った所をタップしやすい。お絵かきソフトでイラストを描いてみたが、線や円は描きやすかった。

キャンドゥで売っている「ディスクタイプタッチペン クリップ付き」と「ディスクタイプタッチペン ボールペン付き」。共に100円(税別)
キャンドゥで売っている「ディスクタイプタッチペン クリップ付き」と「ディスクタイプタッチペン ボールペン付き」。共に100円(税別)
[画像のクリックで拡大表示]
クリアディスク型のタッチペンは狙った位置をタップしやすく、細かい作業に向く。イラストを描いてみたが、作業しやすかった。筆圧を認識できるアプリもある
クリアディスク型のタッチペンは狙った位置をタップしやすく、細かい作業に向く。イラストを描いてみたが、作業しやすかった。筆圧を認識できるアプリもある
[画像のクリックで拡大表示]