全1693文字

 Wi-Fiが普及し、有線LANはあまり使われなくなった。だが、Wi-Fiを搭載しないデスクトップパソコンをネットワークに接続するために有線LANは不可欠だ。またWi-Fiを使う際に光回線終端装置(ONU)から無線LANルーターとの接続にも有線LANが用いられる。

 LANケーブルは意外と高価だ。家電量販店では1メートルの製品が500円(税別)程度する。だが、100均ショップなら1メートルの製品が100円で購入できる。

 LANケーブルは対応する規格により「カテゴリー」で分類する。現在、多くのパソコンやネットワーク機器で利用する「ギガビットイーサネット(1000BASE-T)」の場合、「エンハンスドカテゴリー5(「カテゴリー5e」や「CAT5e」と記載)」以上のLANケーブルが最低でも必要となる。

 そのため、現在売られているLANケーブルのほとんどは、それ以上の規格に準拠したものだ。最近は、ギガビットイーサネットより高速な「10ギガビットイーサネット(10GBASE-T)」や「マルチギガビットイーサネット(5GBASE-Tや、2.5GBASE-T)」なども登場している。それらの場合は、伝送帯域が500メガヘルツ以上ある「カテゴリー6A」以上のケーブルを用意する必要がある。

 100均ショップで売られているLANケーブルもすべてカテゴリー5e以上で、ギガビットイーサネット環境で問題なく利用できる。LANケーブルには、「ストレートケーブル」と「クロスケーブル」の2種類がある。今回紹介する製品はすべてストレートケーブルである。

 ダイソーで売られていた「LANケーブル(cat6、5m)」は、伝送帯域が250メガヘルツである「カテゴリー6」に対応する長さ5メートルのLANケーブルだ。価格は200円で、100円ショップの製品としては高価だ。しかし、100円で売られているLANケーブルのほとんどが長さ1メートルであるのに対し、このケーブルは長さが5メートルある。

 カテゴリー6で長さが5メートルあるLANケーブルを家電量販店で購入すると2000円程度するので、それと比べると大幅に安い。ケーブルは直径7ミリ程度あり太いが、軟らかいので曲げやすい。LANコネクターのツメには破損防止用のカバーも付いている。見た目では安物のLANケーブルとは感じられない。

ダイソーで購入した「LANケーブル(cat6、5m)」。5メートルのLANケーブルで、写真の白色のほか水色のカラーバリエーションもある
ダイソーで購入した「LANケーブル(cat6、5m)」。5メートルのLANケーブルで、写真の白色のほか水色のカラーバリエーションもある
価格は200円(税別)(写真はスタジオキャスパー、特記以外は以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
ケーブルは太いが、軟らかいので配線はしやすそうだ。LANコネクターのツメには破損防止の仕組みを備える
ケーブルは太いが、軟らかいので配線はしやすそうだ。LANコネクターのツメには破損防止の仕組みを備える
[画像のクリックで拡大表示]