PR

 三菱エンジニアリングプラスチックス(東京)は、クルマの外装部品の成形に使える樹脂を開発した。例えば、リアガーニッシュを鋼製のものに比べて4割軽量化できる可能性がある(図1)。リアガーニッシュは、トランクリッドの後端に取り付ける、自動車メーカーのロゴマークなどが付いた装飾品。他に、フェンダーやピラー、スポイラーなどの外装部品の樹脂化を想定する。

図1 樹脂製のリアガーニッシュ
図1 樹脂製のリアガーニッシュ
PC/ポリエステルアロイで成形した。上から背面から見た成形品、正面から見た成形品、塗装を施したもの。鋼製に比べて4割軽くできる可能性がある。
[画像のクリックで拡大表示]