PR
全2168文字

 北海道胆振地方中東部を震源とする北海道胆振東部地震(マグニチュード6.7)で被害に遭われたみなさまに、心よりお見舞い申し上げる。この2018年9月6日午前3時8分に発生した地震では、札幌市清田区里塚1条において「液状化」が原因とみられる家屋の沈下や路面の陥没などが多発した。

 地質を専門とする筆者は、9月6日に北海道千歳市内に宿泊しており、地震発生を受けてレンタカーを確保。札幌市清田区の地盤被害の状況を確認した。ただし、調査道具などを持ち合わせていなかったので、目視中心で調査した結果を報告する。

 清田区の地質は、台地を構成する第四紀の火山砕屑物を中心としている。さらに、この地にあった谷あいの多くが、造成された住宅地となっていた。

 目視による建物の沈下方向(赤矢印)と、路面などの陥没・沈下方向(緑矢印)の被害状況に、かつて存在した谷の位置を描いてみた(下図参照)。すると、家屋・路面の傾きが、青色と茶色で示したかつての谷の中心側、または谷の下流側(北東側)に向かっていることが確かめられた。

札幌市清田区で発生した地盤被害の状況を示す。矢印は家屋や路面の沈下方向。青は1936年の旧版地形図から推測される谷の位置。茶色が74年から78年にかけての航空写真から推察される谷の位置(資料:Googleの航空写真に横山 芳春が加筆。航空写真以外は横山 芳春)
札幌市清田区で発生した地盤被害の状況を示す。矢印は家屋や路面の沈下方向。青は1936年の旧版地形図から推測される谷の位置。茶色が74年から78年にかけての航空写真から推察される谷の位置(資料:Googleの航空写真に横山 芳春が加筆。航空写真以外は横山 芳春)
[画像のクリックで拡大表示]

 図中に黄色で示した砂の堆積範囲は、顕著な被害を受けている地点よりも谷の下流側に目立っていた。上流部の地表面下の土砂が大量の水とともに路面の大きな陥没孔から下流側に流出し、下流部に流れて堆積した可能性がある。

 今回の被害は斜面の谷あいにある造成地で発生したために、平野や埋め立て地で発生する液状化とは異なって、局所的に激しい被害が生じたものとみられる。地震前に日本に襲来していた台風21号に伴う雨が谷に集まったことに加え、近隣のほかの地点で水道管破損が原因とみられる砂の噴出を確認できたことから、水道管の破損による大量の水の供給が影響を及ぼした可能性もある。

 このように分析した根拠を以下に示していく。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い