全1768文字
PR

特許出願=技術開発投資

 一般に、特許文書は技術情報・権利情報を記載した文書であると思われているが、誤りである。企業がある分野に特許を出願したということは、その分野に技術開発投資を行ったということに他ならない。従って、特許文書には企業のマーケティングに基づく戦略的な意思決定が含まれていると考えるべきである。そうだとすると、これを上手い具合に抽出することができれば、公的に発表していない、それぞれの企業の真の戦略を知ることができる。IPランドスケープの本質は、企業の真の戦略を抽出することである。

 IPランドスケープを使って提供できるビジネス分析を列挙してみる。

・ある企業の事業戦略(特に、今後の重点投資領域)を検出
 ⇒競合企業の動向のウオッチング
・複数の企業の分析を組み合わせて、シナジー効果がある企業の組み合わせを探知
 ⇒買収候補先の選定
・特定業界の複数の企業の事業戦略を検出して、業界トレンドの予測
 ⇒業界トレンドに追従するのか、あえて逆張りして一発逆転を狙うのか

 これまでは基本書となる書籍は少なかったIPランドスケープの分野であるが、今般、「IPランドスケープ経営戦略」(日本経済新聞社)という書籍が出版された。IPランドスケープの基本的な考え方といくつかのケーススタディーで構成されており、筆者も推薦文を同書の「帯」に書かせていただいた。

 「技術立国・日本の競争力を高めるためには、知財の活用がますます重要となる。知財を活用する際には、知財を駆使したビジネス的な分析、すなわち『IPランドスケープ』が前提となる。ものづくり・サービス業を問わず、全ての企業経営者・事業計画担当者が『IPランドスケープ』を体得することによって、次元の異なる新たな一歩が踏み出せるはずだ」──。