全1270文字

 掘削しながらコンクリート製の躯体(くたい)を地下に沈下させていくニューマチックケーソン工法は、橋脚の基礎やシールドトンネルのたて坑の構築工事でよく採用される。同工法で要となるのが、駆体の下部に設けた高さ2.5mほどの作業室だ。掘削機が稼働する空間となる。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い