今年のIT Japan 2018では、テーマに「xTECHで挑むデジタルトランスフォーメーション」を掲げました。

 当初は曖昧なバズワードとみなされることも多かった「デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)」ですが、今ではテクノロジーと事業変革に関心を寄せる経営者やビジネスパーソンの間で広く認知されるようになりました。その背景には、徹底したデジタル技術の活用とユーザー視点の追求によって、製品・サービスの提供価値をモノからコトへと転換(トランスフォーム)し、怒涛の成長を続けるディスラプター(「破壊者」にたとえられる先進企業)たちの存在があります。

 ディスラプターの活躍は、産業の垣根を越えて新たな価値を生み出すことを可能にしたデジタル技術の真価を、企業経営者が改めて認識する契機にもなりました。IT Japan 2018のテーマに採用したもう1つのキーワード「xTECH(クロステック)」は、こうした「産業の垣根を越えたビジネスモデルの組み合わせ」による変革や、「ビジネスとテクノロジーの掛け合わせ」による変革を象徴する言葉です。

 企業がxTECHを通じてデジタルトランスフォーメーションの実現に挑む過程では、技術、ビジネスモデル、人材、組織、予算など、様々なカベに直面するでしょう。その時、経営者やビジネスリーダーは何を考え、どう行動すべきなのでしょうか。また、そのために組織と人をどう動かすべきなのでしょうか。

 そうしたヒントをつかんでいただくべく、IT Japanの各セッションでは、各界をリードする企業経営者や有識者、IT企業のトップやリーダーの皆様からご来場者に対して貴重なメッセージを発信していただきました。本冊子は登壇した全講師の講演を採録したものです。ぜひご一読ください。