全7458文字
PR

 日経BP 総合研究所 社会インフララボは、林野庁の2019年度補助事業において「CLTを含む低層非住宅と中大規模木造建築物の設計・施工者育成推進のための提案」検討委員会を組織し、木造建築に関心のある実務者に向けて情報を発信している。前編に続き、検討委員による座談会の様子を報告する。

小原隆(日経BP 総合研究所 上席研究員):本日の座談会では木造建築に関し、設計者・施工者の実務に役立つ情報を発信したいと考えています。各委員から推薦いただいた木造建築の事例については、既に日経クロステック「木材活用最前線」で紹介しています。前編に続き、これらについて、推薦者あるいはプロジェクトの関係者としてのコメントをいただければと思います。

Casa di En。メイン客席空間の正面方向を見る。柱・登り梁と方杖の組み合わせが300mmピッチで10.8mにわたって配列されている。意匠設計は團紀彦建築設計事務所、構造設計はホルツストラが担当した(写真:浅田 美治)
Casa di En。メイン客席空間の正面方向を見る。柱・登り梁と方杖の組み合わせが300mmピッチで10.8mにわたって配列されている。意匠設計は團紀彦建築設計事務所、構造設計はホルツストラが担当した(写真:浅田 美治)
[画像のクリックで拡大表示]

小原:Casa di En」は稲山委員が構造を担当しています。

Casa di Enの構造設計を担当したホルツストラ代表で、東京大学大学院教授の稲山正弘氏(写真:浅田 美治)
Casa di Enの構造設計を担当したホルツストラ代表で、東京大学大学院教授の稲山正弘氏(写真:浅田 美治)

稲山正弘氏(東京大学大学院 農学生命科学研究科 教授):建築家の團紀彦さんが設計したバンケットハウスです。空間は7.7m×10.8mで、それほど大きくはありません。團さんからは、コストを下げるために木造でと相談がありました。そこで、住宅用のプレカットで可能な一般流通材を使いながら地域の工務店が施工できるように考えました。

 その上で住宅とは違うことをやってみる。ここでは登り梁に方杖(づえ)がついているという一般的な住宅の工法を、細かい300mmピッチで並べて、方杖の角度を少しずつ変化させることで空間に変化を与えました。

 プレカットは普段から付き合いのあったマルダイ(静岡県富士市)に相談して、「普通の住宅用と変わらない」と引き受けてもらいました。とはいっても、プレカットのCADオペレーターによると、実際は入力の工数が普通の3倍以上かかったということでした。

 材料は、一般的な住宅で使っている105mm角のヒノキの製材とホワイトウッドの集成材です。マルオカ埼玉営業所と同様に、住宅で使われる工法と加工の生産ラインを使って、住宅を施工する工務店がつくったプロジェクトです。普通のことをやりながら、建築家がデザインする華やかな空間をいかに演出できるか、それにチャレンジしました。

Casa di Enの内観。縦長スリット状の開口部から日差しを取り込む。この柱のように目立つ箇所の構造材には、一般流通材である105mm角のヒノキ製材を用いている(写真:浅田 美治)
Casa di Enの内観。縦長スリット状の開口部から日差しを取り込む。この柱のように目立つ箇所の構造材には、一般流通材である105mm角のヒノキ製材を用いている(写真:浅田 美治)
[画像のクリックで拡大表示]

小原:マルオカ埼玉営業所を担当された藤田さんはどう感じましたか。

藤田譲氏(中大規模木造プレカット技術協会 監事):これを普通と言われてしまうと……。プレカット側から見ればあまり普通ではないのですが(笑)

藤田木造構法計画代表で、中大規模木造プレカット技術協会 監事の藤田譲氏(写真:浅田 美浩)
藤田木造構法計画代表で、中大規模木造プレカット技術協会 監事の藤田譲氏(写真:浅田 美浩)

稲山:何が普通ではないのでしょう(笑)

藤田:やはり、入力の手間です。流通材を使って住宅用のプレカット加工をしていますが、プロトタイプを目指すマルオカ埼玉営業所に対して、こちらはやはり「作品」なわけです。木造建築の場合、このような作品が先行しているので、こんなふうにやりたいという依頼ばかり来る。するとなかなか安くはできない、ということもあります。まずはみんな基本をマスターしてから作品に取り組んでほしいですね。

 木造は構造デザインを見せることができます。このプロジェクトは、意匠がきちんと構造を生かしているところが良いと思います。

小原:構造と意匠がうまくコミュニケーションをとることは難しいのですか。

藤田:稲山さんが主導してしまうと、構造的にはこんなことができます、あんなこともできます、ということが先行してしまうかもしれません。團さんがこういう空間をつくりたいとコンセプトを明確にした中で、では構造はこういうものにしましょうと稲山さんが提案し、まとまっているのだと思います。そのバランスですね。

腰原幹雄氏(東京大学生産技術研究所教授):建築家にも、稲山さんに頼めばきっとこれまでと違うことをやってくれるだろうと思われている節はありそうです。稲山さんはその係だからいいのですが(笑)

 こうしたプロジェクトから、どうやってフィードバックできるかということが大切です。稲山さんは特級品をやっているけれど、みんなが特級品をやるのではなく、そこから廉価版をどうやって出すか。そこが私は少し気になっています。例えば、特級品から新しい接合金物が生まれるなど。特級品の後に廉価版を考えるプロジェクトが出てこないといけない。

 もっと気になるのは、「木造なら安くできるのではないか」という雰囲気です。それがはびこっている限りは、山にお金を戻すサイクルが回らない。安いから木造を選びましょうというのではダメだと思います。

 住宅用の流通材とプレカットを使って安くできても、プラスアルファの加工手間は必要になります。そのコストを要求しないと。設計ももうからず、プレカットももうからず、山ももうからない。安くできて喜ぶのが建築主だけでは意味がない。「安い」というキーワードはあまり言ってはいけない気がします。

東京大学 生産技術研究所 教授の腰原幹雄氏(写真:浅田 美浩)
東京大学 生産技術研究所 教授の腰原幹雄氏(写真:浅田 美浩)

稲山:例えば普通の戸建て住宅をつくるとなると、木造が一番安い。

腰原:それは単に数の論理です。木造住宅を数十万戸もつくっていればそうなります。

稲山:確かに、数の論理というのはありますね。

腰原:日本は、住宅の多くを木でつくっていますから。きちんと安くしようとして、とことん安くできる仕組みができあがっています。その割にはいつまでたっても、中層木造をもう少し安くしようと考える賢い人が出てこない。

稲山:2×4は、中層の高齢者施設などではコストが安いから選ばれているのだと思います。つまり安いという点では成功しています。

腰原:そこですね。2×4はシステムに合う建築を見つけていて、4階建ての耐火構造でもシステム化できている。2×4はそういう意味では、トップランナーが走ると後続組がそれにずっと付き合うという環境にあると思います。

 CLT(直交集成板)も、トップランナーと後続組との良好な関係ができるといい。残念ながら現状では、誰かが何かやると、こっちのほうが良いのではないか、いやあっちのほうが良いのではないか、と言い合うばかりで思い切って前に進めない状況にあります。