木造建築の実務者をどう育てるか(後編)

 Casa di Enの内観。縦長スリット状の開口部から日差しを取り込む。この柱のように目立つ箇所の構造材には、一般流通材である105mm角のヒノキ製材を用いている(写真:浅田 美治)
Casa di Enの内観。縦長スリット状の開口部から日差しを取り込む。この柱のように目立つ箇所の構造材には、一般流通材である105mm角のヒノキ製材を用いている(写真:浅田 美治)

カーソルキー(←/→)でも操作できます