MaaSは自ら手掛けない――。トヨタの技術幹部が明かすMaaSの基本戦略である。あきらめに近い苦渋の選択に思えるが、「MaaSに出遅れた」と評する声が漏れる現状を巻き返す一手を模索した結果だ。トヨタの弱みを認めた上で、新時代で稼ぐ仕組みを急いで作る。最大のライバルは、米グーグル親会社のアルファベット(Alphabet)だ

この記事は有料会員限定です

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!