PR
[画像のクリックで拡大表示]
SMaP評価
年次 2018 2017
新築市場 2.8 3.5
リフォーム市場 2.1 2.4
性能指向 3.5 3.2
平均地価 1.4 1.7
既存建物流通 5.0 3.5
指標 評価 指数 前年比 14年比
基準年比
2018 2017 2018 2017
新設着工戸数 2.6 3.4 95.8 104.4 -8.6 -4.2
住宅投資額 3.0 3.5 100.3 104.5 -4.2 0.3
リフォーム市場規模 2.1 2.4 86.6 92.0 -5.4 -13.4
性能評価 3.2 3.8 104.0 115.9 -11.9 4.0
長期優良 3.7 2.6 107.6 96.6 11.0 7.6
平均地価 1.4 1.7 97.5 98.0 -0.5 -2.5
既存建物流通 5.0 3.5 113.0 103.0 10.0 13.0

コメント

  • 新築市場2.8(基準年比0.2ポイント下降)、リフォーム市場2.1(基準年比0.9ポイント下降)、性能指向3.5(基準年比0.5ポイント上昇)、平均地価1.4(基準年比1.6ポイント下降)、既存建物流通5.0(基準年比2.0ポイント上昇)となった。
  • 新築市場は2014年基準相当であるが、前年と比べると0.7ポイント下降。リフォーム市場は2014年基準を下回っており、縮小傾向で推移している。
  • 既存建物流通は2014年基準と比べて高水準にあり、上昇傾向で推移している。対して平均地価は2014年基準から低水準にあり、下降傾向で推移。性能指向はほぼ横ばいで推移している。