PR

ベージュのチノパンはコーディネートの難易度高

 パンツは普段のスーツスタイル同様、スラックスが基本です。規定の厳しい職場でなければチノパンでも構いません。チノパンの場合も、スーツのスラックス同様、サイズに気をつけましょう。ダボダボとしてしまうサイズ感のチノパンは、ルーズでだらしない印象を与えてしまいます。

左がスラックス、右がチノパン
左がスラックス、右がチノパン
スラックスはセンタープレスが入っている
[画像のクリックで拡大表示]

 パンツの色はスーツ同様に紺色、灰色から選びます。ベージュもありますが、実はベージュはコーディネートが難しく、組み合わせによっては老けて見える場合があります。スーツスタイルと同じ感覚で選べる、紺色か灰色がお薦めです。

コーディネートが難しいベージュのチノパン
コーディネートが難しいベージュのチノパン
[画像のクリックで拡大表示]

基本の「ジャケパン」スタイルは上下別に

 ここからはトータルのコーディネートについて解説していきます。

 服装規定がしっかりしている職場であれば「ジャケパン」スタイルで整えましょう。ジャケパンとは、ジャケットとスラックスの色を別々にするスタイルを指します。色を統一するスーツスタイルに比べて、よりおしゃれ感の出るビジネススタイルになります。

理想的な「ジャケパン」スタイル
理想的な「ジャケパン」スタイル
[画像のクリックで拡大表示]

 一番簡単にジャケパンスタイルを作り出す方法は、普段着ているスーツのジャケットをベースに、スラックスだけ別の色のものを着用するだけで構いません。これだけであれば、敷居は高くないと思います。

 お薦めの色の組み合わせは、紺色のジャケットに白のYシャツ、灰色のスラックスの組み合わせです。この組み合わせを用意しておけば、夏の時期にはネクタイを外してクールビズのスタイルとしても使うことができます。特に職場の服装規定がさほど厳しくなければ、白のパンツに変えるだけでかなり涼しげな印象になります。

白のスラックスを着用したジャケパンスタイル
白のスラックスを着用したジャケパンスタイル
[画像のクリックで拡大表示]

 アクセントとしてポケットチーフを挿すのもお勧めです。いわゆる「こなれた」印象になります。挿し方は色々ありますが、チーフを四角に折ってポケットに挿す「TVホールド」が、ビジネスシーン全般で使えてお薦めです。

ポケットチーフを挿す前(左)と挿した後(右)
ポケットチーフを挿す前(左)と挿した後(右)
アクセントをつけるのにお薦めだ
[画像のクリックで拡大表示]