PR

 米アップル(Apple)が2018年11月7日に発売した小型デスクトップPC「Mac mini」は、2014年以来の新モデルとして注目されている(写真1)。デスクトップ用途以外にも、アップルの発表会ではデータセンターに大量導入されている事例が紹介され、話題を呼んだ。

写真1●Mac mini(2018年モデル)
写真1●Mac mini(2018年モデル)
[画像のクリックで拡大表示]

 新モデルは、最大64GBのメモリーを搭載できたり、10ギガビットイーサネット(10GbE)を選択できたりするなど、Mac ProやiMac Proなどの「Pro」モデルに匹敵する存在感を放っている。果たしてどう変わったのか、ファーストインプレッションをお届けする。

4コアまたは6コアCPUを搭載するも、本体サイズは維持

 2018年のMac miniで大きく変わったのが、基本性能だ。CPUは第8世代Coreプロセッサーになり、店頭モデルは4コアのCore i3を搭載した標準モデルと、6コアのCore i5を搭載した上位モデルの2種類となった。前世代の2014年モデルから4年がたったこともあり、劇的に進化している。

 DDR4のメモリーは標準で8GBを搭載し、カスタマイズにより最大64GBまで増やせる。PCI Express(PCIe)接続のSSDは、標準構成として128GBまたは256GBを選択でき、最大2TBまでカスタマイズできる。

 本体の素材は100%リサイクルされたアルミニウムを採用。本体カラーはiMac Proなどと同じスペースグレイになったことも相まって、「Pro」シリーズを意識した仕様となっている(写真2)。

写真2●本体カラーはスペースグレイに
写真2●本体カラーはスペースグレイに
[画像のクリックで拡大表示]

 中身のスペックは強化されたが、本体サイズは197mm四方、厚さ36mmと従来モデルから変わっておらず、置き換えは容易だ。側面と前面はフラットな形状で、側面や前面を底にして置いても自立する点も同様だ(写真3)。

写真3●自立できるが、スタンドを使ったほうが安定する
写真3●自立できるが、スタンドを使ったほうが安定する
[画像のクリックで拡大表示]

 実際に立てた状態で運用するなら、スタンドを用意したほうが安定する。サードパーティ製の専用スタンド以外に、まな板スタンドなども代用できることが知られている。2014年以前のモデルで使えていたスタンドは、そのまま流用できそうだ。

 重量は1.3kgで、持ち歩ける重さだ。ディスプレーやキーボード、電源を備えた複数の拠点を移動する場合など、デスクトップ機を持ち歩くという用途にも使えそうだ。ブートプロセスの保護やSSDの暗号化などに利用される「T2 Securityチップ」も搭載している。