PR

満足な出来の新Apple Pencil、ただし不満点も

 新型iPad Proでは同時に登場した新Apple Pencilしか使えない。これまでのApple Pencilでしばらく様子を見ようと思っていた筆者のもくろみは外れた。新Apple Pencilの価格は1万5660円(税込み)で、予想外の出費として痛かったが仕方がない。

 しかし新Apple PencilはこれまでのApple Pencilに感じていた不満点がいくつか解消され、1点を除きかなり満足の出来だった。

新Apple Pencil(左)は2018年版iPad Pro専用。これまでのApple Pencil(右)には対応していない。新Apple PencilをこれまでのiPadで使うこともできない
新Apple Pencil(左)は2018年版iPad Pro専用。これまでのApple Pencil(右)には対応していない。新Apple PencilをこれまでのiPadで使うこともできない
[画像のクリックで拡大表示]

 新Apple PencilはiPad Proの側面に磁力で貼り付けるとワイヤレスで充電される仕組みに変わり、物理的な端子やそれをカバーするキャップが不要になった。iPadの側面がApple Pencilを使っていないときの「置き場所」としても使えるため、使い勝手が良くなっている。

 ペン側面の指先が当たる部分にタッチセンサーが仕込まれており、ダブルタップでペンと消しゴムを交互に切り替えるなどの機能を持たせてある点も興味深い。

 表面はマットに仕上げられているため、指先が滑りにくい。重心は少しペン先側に移動しており、長時間使っても疲れにくくなった。しかし、これまでのApple Pencilと比較してという話で、普通のペンと比べると疲れやすいことには変わりない。

これまでのApple Pencilよりも持ちやすくなったとはいえ、長時間使っていると普通のペンよりも疲れやすい点は変わらない。筆者は市販されている鉛筆用のグリップを装着して使っている
これまでのApple Pencilよりも持ちやすくなったとはいえ、長時間使っていると普通のペンよりも疲れやすい点は変わらない。筆者は市販されている鉛筆用のグリップを装着して使っている
[画像のクリックで拡大表示]

 これは鉛筆用のグリップを装着すると、かなり解消できる。筆者は以前のApple Pencilでもグリップを愛用していたのだが、新Apple PencilではiPad Proの側面に貼り付けてもグリップの厚みのため充電されなくなってしまう。タッチセンサーもグリップで覆われるため、ダブルタップしても反応しない。これが最大の不満点。仕方がないので、今はタッチセンサー機能は使っていない。充電時にはグリップを外している。

 これまでのApple Pencilには多くのメーカーから専用のグリップやカバーが発売されていた。新Apple Pencil用にも上記の不満点を解消するグリップやカバーを開発してもらいたい。

グリップを装着したApple PencilでもiPadの側面に貼り付くが、グリップの厚みのため充電されない。タッチセンサーも覆われるため反応しなくなってしまう
グリップを装着したApple PencilでもiPadの側面に貼り付くが、グリップの厚みのため充電されない。タッチセンサーも覆われるため反応しなくなってしまう
[画像のクリックで拡大表示]