PR

Smart Keyboard Folioを装着すると1キログラム超え

 12.9インチiPad Proと併せて純正のカバー兼キーボード「Smart Keyboard Folio」も購入した。これまでのiPad Pro用「Smart Keyboard」はキーボードとして使用しないときは画面側だけを保護する。これに対し、Smart Keyboard FolioはiPadを挟み込むように装着し、背面も保護してくれる。

純正の「Smart Keyboard Folio」を接続して12.9インチiPad Proを使っているところ。ちょっとしたノートパソコンぐらいの迫力になる
純正の「Smart Keyboard Folio」を接続して12.9インチiPad Proを使っているところ。ちょっとしたノートパソコンぐらいの迫力になる
[画像のクリックで拡大表示]

 Smart Keyboard FolioはiPad Proの背面に磁力で貼り付いているのだが、かなり強力なのでキーボード側を持ってぶら下げたぐらいではまず外れない。ただし強く振ると外れるので注意しよう。

 キーボードを開き、画面が点灯している状態でスペースキーを押すと顔認証の「Face ID」を利用してロックを解除するようになっている。画面が消灯している状態からなら、スペースキーを2回押せばよい。

 これはかなり快適。MacBookにも早くFace IDを搭載すればよいのにと思ってしまった。

 残念に感じたのは、Smart Keyboard Folioを装着した12.9インチiPad Proは重さが1キログラムを超えてしまうこと。閉じた状態からキーボードを使えるようにセッティングするのも、iPad Proの重さのせいで片手ではスムーズにできず、両手でしっかり支えて行わなければならない。

 これでは機動性が落ちてしまう。もちろん機動性を重視するなら12.9インチではなく11インチを選ぶべきなのだが、筆者の場合は画面の大きさが最優先なので、ここはSmart Keyboard Folioを極力キーボードとして使わずに、テキスト入力にもApple Pencilを使うことで回避したいと考えている。

Smart Keyboard Folioを装着した12.9インチiPad Proの重さを量ると1067グラムと、1キログラムを超える。12インチのMacBookが1キログラムを切ることを考えると「iPadとは何か?」という疑問が浮かぶ
Smart Keyboard Folioを装着した12.9インチiPad Proの重さを量ると1067グラムと、1キログラムを超える。12インチのMacBookが1キログラムを切ることを考えると「iPadとは何か?」という疑問が浮かぶ
[画像のクリックで拡大表示]
12インチiPad Proだけで量ってみると659グラム。モバイルではiPad Pro+Apple Pencilの組み合わせで使う方法を模索していきたい
12インチiPad Proだけで量ってみると659グラム。モバイルではiPad Pro+Apple Pencilの組み合わせで使う方法を模索していきたい
[画像のクリックで拡大表示]