PR

 米アップル(Apple)が2018年11月7日に発売した「iPad Pro」の新モデルは、歴代のiPadが搭載してきたインターフェースを捨て去り、劇的な進化を遂げたことが注目を浴びている(写真1)。

写真1●12.9インチiPad Pro(2018年モデル)。カバーを兼ねたキーボードを取り付けている
写真1●12.9インチiPad Pro(2018年モデル)。カバーを兼ねたキーボードを取り付けている
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 最近のiPad Proは仕事に使える機能やアクセサリーが増えており、軽快な操作性やLTEの接続性も相まって、ノートPCの置き換えに期待する向きも多い。新型iPad Proは11インチと12.9インチの2種類があるが、今回は12.9インチを試用した。果たしてその中身はどう変わったのか、実際に使った印象をリポートする。

本体の大部分を占めるディスプレーは圧巻

 12.9インチの新型iPad Proは、2015年の第1世代、2017年の第2世代に続く、第3世代となるモデルだ。外観の大きな変化として、ホームボタンが廃止され、画面の表示領域が本体前面の大部分を埋め尽くすデザインになった(写真2)。周囲には黒いベゼルが残っているものの、目の前に12.9インチの画面が広がるさまは圧巻だ。

写真2●本体いっぱいに広がる大画面が特徴
写真2●本体いっぱいに広がる大画面が特徴
[画像のクリックで拡大表示]

 手に取ってみると、従来の12.9インチモデルより確実に小さく、軽く感じる。本体の外形寸法はホームボタンがなくなったことで長辺方向が約25mm、短辺方向も約6mm短くなっている(写真3)。これまで12.9インチが大き過ぎると思って避けていた人でも、持ち運べる可能性のあるサイズ感だ。

写真3●本体サイズは小型化(第1世代モデルの上に重ねた様子)
写真3●本体サイズは小型化(第1世代モデルの上に重ねた様子)
[画像のクリックで拡大表示]

 本体は角張ったデザインになり、手に持った印象は変わっている(写真4)。Wi-Fi+Cellularモデルの重量は第1世代の723g、第2世代の692gに対して、第3世代は633gと、着実に軽量化が進んだ。

写真4●角張ったデザインを採用
写真4●角張ったデザインを採用
[画像のクリックで拡大表示]