全1147文字
PR

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中で猛威を振るっている。医療機器の供給を支援する立場の自分にも、何かできることはないかと考えてみた。思いついたのが呼吸器疾患を比較的簡易な方法でチェックできる「パルスオキシメータ」の活用だ。体温計と併用すれば、新型コロナウイルスへの感染のスクリーニングに役立つのではないだろうか。

小池メディカルのパルスオキシメータ「サーフィンPO」
小池メディカルのパルスオキシメータ「サーフィンPO」
(出所:小池メディカル)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型コロナウイルスへの感染をスクリーニングする手段として、初期症状としての体温チェックと、患者が感じる「だるさ」という主観的な基準に頼っているのが世界の現状だ。日本では「体温37.5℃以上が4日間連続しているケース」という判定基準を設けている。

 果たしてスクリーニングには、体温とだるさのチェックだけで十分だろうか。新型コロナウイルスに起因する疾病は、肺などの呼吸器系を侵すことが分かっている。体温とだるさだけで呼吸器疾患を見抜くことは難しく、基礎データとしてその根拠になり得ないと考える。

 そこで思いついたのが、呼吸器疾患を比較的簡易な方法でチェックできるパルスオキシメータの存在だ。40年以上も前に日本で発明されたこの装置は、現在では小型化、無線化などが進み、医療の現場で広く使われる存在になった。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料