全1653文字

Webサイト利用時の認証も強化

 Windows 10 October 2018 Updateでは、Webサイトの認証に関するセキュリティーも強化している。

 WebブラウザーのEdgeは、新たに「WebAuthn(Web Authentication)」に対応した。これにより指紋や顔、虹彩などを用いた生体認証機能「Windows Hello」を、Webサイトの認証に利用できるようになっている。

 Windows 10 October 2018 Updateからは、Web認証のための規格である「FIDO2(ファイド2)」に準拠したUSBセキュリティーキーを、Webサイトの認証に使えるようになった。ただし、MicrosoftアカウントでWindows 10にサインインしていることが必要になる。

Webサイト利用の認証が強化された
Webサイト利用の認証が強化された
Windows 10 October 2018 UpdateのEdgeは、WebAuthnに対応したことにより、Windows Helloによる生体認証やFIDO2に準拠したUSBセキュリティーキーを使ったサインインができるようになった
[画像のクリックで拡大表示]

 参考までにマイクロソフトは、Microsoftアカウントを使用してWindows 10搭載パソコンの機器の状態やOSのバージョン、ハードウエア構成などの情報を取得している。これらの情報は、MicrosoftアカウントのWebサイトにサインインして確認できる。マルウエア感染状況やファイアウオールの設定状況、ディスクの空き容量といった情報も見られる。

Microsoftアカウントを使ったサインインを設定したパソコンやその他の機器は、Microsoftアカウントの「デバイス」画面に登録される
Microsoftアカウントを使ったサインインを設定したパソコンやその他の機器は、Microsoftアカウントの「デバイス」画面に登録される
[画像のクリックで拡大表示]
「Windows Defender セキュリティ センター」の一部情報も、Microsoftアカウントのデバイスで見られる。空き容量なども確認できる
「Windows Defender セキュリティ センター」の一部情報も、Microsoftアカウントのデバイスで見られる。空き容量なども確認できる
[画像のクリックで拡大表示]

 MicrosoftアカウントのWebサイトでは、同じアカウントでサインインしたWindows 10パソコンが最後にネットに接続された場所と、その時点でのバッテリー残量に関する情報を確認することも可能だ。紛失や盗難時に、発見の手掛かりにできる。

 また、このWebサイトからは、Windows 10パソコンをロックする命令を出せるようになっている。Microsoftアカウントは無料で作れるので、紛失・盗難への対策ができていないのであればWindows 10へのサインインに使うことを検討してみよう。

「デバイスを探す」を使うと、パソコンの現在地やバッテリー残量を確認できる。「ロック」を選ぶとパソコンをロックしつつメッセージを表示できるので、不正利用を未然に防げる
「デバイスを探す」を使うと、パソコンの現在地やバッテリー残量を確認できる。「ロック」を選ぶとパソコンをロックしつつメッセージを表示できるので、不正利用を未然に防げる
[画像のクリックで拡大表示]
田代 祥吾(たしろ しょうご)
PC周辺機器メーカーから日経WinPC編集部を経て、現在はフリーランスライターとして活動。日経PC21や日経パソコンなどで記事を執筆している。得意ジャンルはパソコンやスマートフォン、自動車、アキバ系サブカルチャーなど。