全1466文字
PR

 2019年末から年明け2020年の年末年始、地下鉄銀座線が一部区間を運休して渋谷駅の移転とリニューアルの大工事を行いました。この工事の様子と新しい渋谷駅を日経クロステック編集部のバーチャル記者「黒須もあ(β)」が動画で解説します。(日経クロステック編集部)

 こんにちは、日経 xTECH新人記者の黒須もあ(β)です。地下鉄銀座線渋谷駅が2020年1月3日にリニューアルしたのをご存じですか? 旧駅から130メートルも東に移転、デザインも一新しました。2019年12月28日から2020年1月2日までの丸6日間、銀座線の一部区間を運休。延べ5000人が働いてホームの移設と線路の切り替え工事を実施しました。

 今回はその大工事の様子を、定点カメラの映像を交えて動画で解説します。

【黒須もあ】銀座線渋谷駅年末年始ホーム移設工事の全貌!!
【黒須もあ】銀座線渋谷駅年末年始ホーム移設工事の全貌!!
[画像のクリックで拡大表示]

【解説動画】銀座線渋谷駅年末年始ホーム移設工事の全貌!!

 今回のリニューアル工事が始まったのは2009年2月。総工費はなんと約290億円のビッグプロジェクトです。

[画像のクリックで拡大表示]

 年末年始に実施したのはホームの移設と線路の切り替え工事。もともとは山手線をまたぐ場所にあったホームをぐぐーっと約130m東側に動かして渋谷駅東口のロータリーや明治通りに掛かる高架の上に移しました。

[画像のクリックで拡大表示]

 では工事の様子を見てみましょう。12月28日の午前0時30分。最終電車が渋谷駅に到着、車庫へ入ります。いよいよ工事が始まりました。

[画像のクリックで拡大表示]

 作業員たちがキビキビ働き、手際よく中央に敷かれた線路を取り外してゆきます。線路を外したら重機を入れてジャリを取り除きます。ここに新しいホームができるのです。まだまだ1日目ですがホームが姿を現します。

[画像のクリックで拡大表示]

 翌12月29日の23時ごろにはホームはほぼ完成。床を敷き、標識を取り付ける柱などの設置が始まりました。

[画像のクリックで拡大表示]

 2020年に入ると工事は急ピッチで進み、自動改札機や電車に電力を供給する第三軌条などを設置。1日の17時にはほぼ完成しました。2日は工事が予定通り完成しているか、設備などのチェックに費やしたそうです。

[画像のクリックで拡大表示]

 新しい銀座線渋谷駅の特徴はなんと言ってもぐにゃっと曲がった柱に支えられたM字形の屋根。これは視認性や街を歩く人たちが圧迫感を感じないようにする配慮から選ばれたデザインです。

[画像のクリックで拡大表示]

 1月3日の始発前に開かれたお祝いの式典で東京メトロの山村明義社長は「デザインが特徴的で柱のない広い空間を実現できる、ランドマークとしても分かりやすい」と話していました!

[画像のクリックで拡大表示]

 新しくなった銀座線渋谷駅。使い勝手や設備も大幅によくなって大注目ですね。あ、そうそう、今回の動画では私の昔のちょっと調子に乗った姿も公開してみましたよ、テヘ。

[画像のクリックで拡大表示]

それでは最後に…

 最後の締めに、いつものあれ、お願いします。クロステーック!!!

[画像のクリックで拡大表示]

Xmoa channel

ほかにも様々な動画を公開しています!
チャンネル登録よろしくお願いします!