全1283文字

 足かけ19年にも及んだみずほフィナンシャルグループ(FG)の勘定系システムの完全統合と再構築が、2019年、ついに完了しました。そんな「みずほ銀行システム統合」にまつわる“謎”について、日経クロステック編集部のバーチャル記者「黒須もあ(β)」がクイズ形式の動画で紹介します。(日経クロステック編集部)

【もあクイズ】みずほ銀行システム統合19年史クイズ!第一弾【黒須もあ】
【もあクイズ】みずほ銀行システム統合19年史クイズ!第一弾【黒須もあ】
[画像のクリックで拡大表示]

 こんにちは、日経クロステック新人記者の黒須もあ(β)です。みずほFGが2011年から進めてきたビッグプロジェクトが、2019年7月についに完了しました!国内のコンピューターシステムの歴史でも最大級の「勘定系システム」の刷新・統合をしたんです!その裏にはどんな秘密が隠されているのか気になっちゃいますよね???というわけで今回はみずほシステム統合の謎について、「みずほ銀行システム統合19年史クイズ」としてクイズ形式の動画で紹介しちゃいます!

投資額はスカイツリー何本分?

 みずほが2011年から取り組んできたシステム統合プロジェクト、新しい勘定系システム「MINORI」の完成には、多大な労力やコストが費やされました。このシステム統合プロジェクト全体の投資額は、東京スカイツリーの建設費何本分に相当するでしょう?

 ちなみに、東京スカイツリーの総事業費は、約650億円だそうです!

みずほのシステム統合プロジェクト、投資額は東京スカイツリー何本分でしょう?
みずほのシステム統合プロジェクト、投資額は東京スカイツリー何本分でしょう?
[画像のクリックで拡大表示]

「MINORI」が例えられた世界的な建造物は?

 このプロジェクトは巨大すぎたため順調には進まず、みずほFGは完了時期を2度にわたって延期しました。その開発の困難さからこのシステムはある建物に例えられています。その建物とは次のうちどれでしょう?

新勘定系システム「MINORI」が例えられた世界的な建造物はなんでしょう?
新勘定系システム「MINORI」が例えられた世界的な建造物はなんでしょう?
[画像のクリックで拡大表示]

開発に参加したシステム会社は全部で何社?

 「MINORI」の開発には、多くのシステム会社が関わっています。大きな役割を担ったのは、富士通、日立製作所、日本IBM、NTTデータの大手4社でしたが、それ以外にも開発に参加したシステム会社はたくさんあります!では、「MINORI」の開発に参加したシステム会社は全部で何社でしょう?

 ちなみに、総務省の2015年度の調査によると、情報通信業を手掛ける企業の数は、子会社や関連会社を含めても約1万社だそうです!

新勘定系システム「MINORI」の開発に参加したシステム会社は全部で何社でしょう?
新勘定系システム「MINORI」の開発に参加したシステム会社は全部で何社でしょう?
[画像のクリックで拡大表示]

 ここに載せた問題は、動画内で紹介しているクイズの一部です!クイズの答えは、ぜひ動画でチェックしてくださいね!

 もっと詳しく知りたい場合は、日経コンピュータが発行した書籍「みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史」をご覧ください!書籍の詳細はコチラ

書籍「みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史」もよろしくお願いします!定価1980円です!
書籍「みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史」もよろしくお願いします!定価1980円です!
[画像のクリックで拡大表示]

それでは最後に…

 最後の締めに、いつものあれ、お願いします。クロステーック!!!

いつものあれ、いっしょにお願いします。「クロステーック!!!」
いつものあれ、いっしょにお願いします。「クロステーック!!!」
[画像のクリックで拡大表示]

Xmoa channel

ほかにも様々な動画を公開しています!
チャンネル登録よろしくお願いします!