全1052文字
PR

 日経ものづくりで2015年から続く名物コーナー「ものづくりQUIZ」。今回は傑作選として、過去のものづくりQUIZから3つをピックアップして、日経クロステック編集部のバーチャル記者「黒須もあ(β)」がクイズ形式の動画で紹介します。(日経クロステック編集部)

【もあクイズ】ものづくりクイズ傑作選!【黒須もあ】
【もあクイズ】ものづくりクイズ傑作選!【黒須もあ】
[画像のクリックで拡大表示]

 こんにちは、日経クロステック新人記者の黒須もあ(β)です。主に製造業分野を取り扱う専門雑誌「日経ものづくり」には、2015年から続く名物コーナー「ものづくりQUIZ」があります。今回は、過去のものづくりQUIZの中から面白そうなテーマをピックアップし、傑作選としてクイズ形式の動画で紹介しちゃいます!

軟らかい芯でも無駄なく削れる鉛筆削りの特徴的な動作は?

 まず、大阪府にあるソニックという会社の鉛筆削り器に関してのクイズです。一見すると普通に見えるこの鉛筆削り、実はすごいメカニズムが使われていて、芯が軟らかい鉛筆でも無駄なく削れる優れものなんです!

 注目すべきは鉛筆を削り終わった後の動作です。さて、最後に鉛筆はどうなるでしょうか?

[画像のクリックで拡大表示]
芯が軟らかい鉛筆でも絶対に削りすぎない鉛筆削りでは、削り終わった鉛筆はどうなるでしょう?
芯が軟らかい鉛筆でも絶対に削りすぎない鉛筆削りでは、削り終わった鉛筆はどうなるでしょう?
[画像のクリックで拡大表示]

無人潜水機のアンテナをながーく伸ばすための方法は?

 次は、近海を監視する三菱重工業の無人潜水機に関してのクイズです。ボディー中央に見えるのが海上の母艦と通信するアンテナです。実はこのアンテナ、直径約30cmの小さなボディーに格納されているのに、ここからびよーんと伸びて高さ200cmにもなるんです。

 このアンテナを伸ばす機構は、あるおもちゃに似ています。さて、そのおもちゃとは次のどれでしょうか?

[画像のクリックで拡大表示]
直径30cmの無人潜水機から高さ200cmのアンテナを伸ばす機構は、次のどのおもちゃに似ているでしょう?
直径30cmの無人潜水機から高さ200cmのアンテナを伸ばす機構は、次のどのおもちゃに似ているでしょう?
[画像のクリックで拡大表示]

土砂を運ぶ新方式のポンプは、何の動きをまねて作られた?

 最後は、中央大学理工学部の中村太郎先生たちが開発した新方式のポンプに関してのクイズです。水が混じった土砂を運び出す用途に使うポンプで、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)や竹中工務店と共同開発しました。

 このポンプ、実は人間のある内臓の動きをヒントに開発されました。さて、その臓器とは次のどれでしょうか?

[画像のクリックで拡大表示]
人の臓器を模した新方式のポンプは、次のどの臓器を参考にしたでしょう?
人の臓器を模した新方式のポンプは、次のどの臓器を参考にしたでしょう?
[画像のクリックで拡大表示]

 クイズの答えは、ぜひ動画でチェックしてくださいね!

それでは最後に…

 最後の締めに、いつものあれ、お願いします。クロステーック!!!

いつものあれ、いっしょにお願いします。「クロステーック!!!」
いつものあれ、いっしょにお願いします。「クロステーック!!!」
[画像のクリックで拡大表示]

Xmoa channel

ほかにも様々な動画を公開しています!
チャンネル登録よろしくお願いします!