全2245文字

AIで日本の課題を解決

 グローバルに拠点を持つ某コンサルティングファームの国別売上高で、このところ日本は急速に順位を上げ、トップクラスにまで浮上しているそうです。

 これは、日本企業がデジタルトランスフォーメーションへの取り組みを加速させている表れだといえます。少子高齢化が進み、労働人口が減少する中、業務の効率化・省力化は待ったなしの状態。地方と都市圏の格差も深刻な課題です。

 これまで人の手で行っていた作業を自動的に実行できるようにする、長距離移動をしなくても高度な専門スキルを共有・活用できる――そんな変革を、日本全体で推進していかなければならないのが、まさに今のタイミングだと感じています。

 「日本が抱える課題を解決したい」という思いを持っている方は、幅広い人に門戸が開かれている今、ぜひデータやAIの活用推進にチャレンジしていただきたいと思います。

横山 賢太郎
リクルートキャリア ハイキャリア・グローバルコンサルティング部 プリンシパルコンサルタント IT/コンサルティング業界担当
横山 賢太郎 新卒でメガバンクに入社し法人融資、デリバティブズ商品の提供などに従事。2004年リクルートキャリアに入社し、大手法人顧客担当として金融、IT、スタートアップ、コンサルティングなどの業界を担当。日本を代表する大手企業の採用戦略の企画・実行、入社後の戦力化といった支援実績多数。2017年よりハイキャリア転職支援事業に従事し主にIT、コンサルティング業界を担当。得意分野はAI(人工知能)やディープラーニング、ブロックチェーンなどの新技術を活用したITコンサルティング、デジタルテクノロジーを活用したマーケティング支援、デジタルトランスフォーメンション支援。