全2529文字
PR

崩壊の顛末(てんまつ)

 複雑なプロセスを長年の経験と技術でこなしてきた工場がある。これをY工場と呼ぼう。Y工場のプロセスは複雑で、多くのベテラン作業者が多数の設備を駆使して生産を行っていた。そのため、製造原価に占める加工賃(労務費や設備費)をいかに圧縮するかが、Y工場にとって競争力を維持するために必須の取り組みだった。

 Y工場は改善活動に積極的で、年々厳しくなる顧客の要望やコスト削減のために、安価な輸入材料を使う必要性の増加などに苦しんでいた。それでも、品質を維持しながら少しでも不良率を低減させようと地道な努力を重ねていた。各部門の技術者が知恵を絞り、部門をまたいだ協業を進めながら、毎年の数値目標を定めて達成にまい進する。そのような取り組みが功を奏し、外部環境が品質にとって厳しい状況へと変化しているにもかかわらず、毎年の品質目標値を常に達成し続けていた。

(作成:日経クロステック)
(作成:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 そうした中、力量を見込まれたA氏がY工場に中途入社してきた。前職の経験を生かせるように、入社早々に品質保証部長を任せられたA氏だったが、Y工場の現場の取り組みを把握するにつれ、違和感を覚えるようになった。

 そもそもA氏がY工場を擁する会社で働くことを決断したのは、品質に対する飽くなき向上心と、手を緩めることなく進めているY工場の改善の取り組みに大きく感銘を受けたからだった。そうした人物がなぜ違和感を覚えたのだろうか。それは、品質改善の取り組みが「手段」から「目的」にすり替わってしまっているのではないかと疑問に感じたからだった。品質改善の取り組みをひたすら続ける中、Y工場では品質や歩留まりなどの数値は良くなっているものの、それらの取り組みにかかる費用(特に間接費用)が増大。結果、Y工場の利益は大きく目減りしてしまった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料